あなぼこだらけの園庭

3学期が始まって、すぐに始まった穴を掘るあそび。
3週間たっても進行中です。
おもしろいことに、誰もがこの穴に興味を持っているのに、
掘っていいのは最初に穴掘りを始めた人たちだけ。
『ぼくのあな』というわけです。
先週から、その穴の横に別の穴も掘られ始めたのですが、
そっちはそらくんとゆいなちゃんとゆなちゃんが、
「かわをつくるんだ!」と言って、工事を進めています。

今やわたしの家の前は、あなぼこだらけなので、
夜は必ず外灯を付けておかなければ、
宅急便やさんが穴に落ちてしまうかもしれません。

また、園庭の真ん中では、はるとくんがすごいものをみつけました。
きょうりゅうのほね?!・・・・・・・
わたしがそういうと、はるとくんは確信に満ちた顔でうなづきました。
でも、それをしっかり洗ってみると、大きな貝殻の破片だ、ということになりました。
それでも、貝が発見された、ということは、
昔ここは海だったのだ!ということになったのでしたが、
こどもたちは、
「そうだよ。きょうりゅうのじだいはうみだったんだよ。」
と、いたって平然と話していました。

この小さな園庭も、こどもたちの世界となれば、いろんな発見が生まれます。
それは、こども時代に出会う宇宙です。

ところで、1回目の『うたたねカフェ』は、
楽しく開催されました。
またのお越しをお待ちしております!!
[ 2017/01/29 20:19 ] 保育 | TB(-) | CM(-)

『うたたねカフェ』のご案内

就園前のママたちのためのくつろぎスペース

   うたたね カフェ

を オープンします!!

子育てのこと・・・ 幼稚園のこと・・・
楽しいこと・・・ 大変なこと・・・
何でも相談に乗ります。
何でも話します。
先輩ママの話も聞けます。
お茶を飲みながら、おしゃべりしましょ。
もちろん、お子さん連れで気兼ねなくどうぞ。
お待ちしています!

日時:  3月1日(水)
     14:00~16:00

場所: 等々力教会善隣幼稚園
      等々力2-6-19
      3702-0117

お話: 園長 井上直子

無料です。
誕生会でこどもたちが作っているレシピのケーキと
おいしいコーヒーを用意してお待ちしています。

お誘い合わせて、あそびにきてくださいね。
  
   


[ 2017/01/14 20:41 ] 募集・体験 | TB(-) | CM(-)

「ずっとようちえんにいていいですか?」

善隣の2017年が始まりました。
こどもたちのエネルギーは、
12月に味わったクリスマスページェントの興奮と、
冬休みの間の、幼稚園を待ち遠しく思う気持ちから、
あふれ出ているようでした。

お弁当も始まって、
ようやくたっぷりあそべるぞ!となった3日目。
「なおこせんせい、これよりかたいスコップをかしてください。」
と、プラスチック製のシャベルを持ってきたれおなくん。
「いいよ。何を掘るの?」
と、鉄のシャベルを渡しながら聞いてみると、
「じめん。」
そして、早速園庭の硬い地面をシャベルで堀始めたのでした。
地下室を作る・・・地下道を作る・・・宝物を見つける・・・セメント工場・・・・
目的はいろいろ変わるようでしたが、
仲間が増えたり、、眺める人がいたりしながらも、
気付いたら、30センチは掘っていました。

わたしが夜、穴に落ちないように(穴は、家の玄関の真ん前なので・・・)
コーンと縄跳びを使って、立ち入り禁止区域にしてくれていました。
そして、翌朝、
れおなくん、そうくん、あおくんは、長靴を履いてはりきって登園。
「スコップかしてください。」
工事はまだまだ続くようです。

正直、こんな大きな穴が園庭にできたのは、
本当の工事以外ではありませんでした。
おもしろいことをみつけたものだ!!!と、感心します。
と、他のこどもたちはどうしているかといと、
それぞれにおもしろいことをみつけて熱中しているので、
段々深くなっていく穴を時々眺めたりはしているものの、
誰も心配はしていないようです。

ところで、年長のひまわり組は、
そろそろ幼稚園生活のしめくくりの歌として、
『みんなともだち』『ぼくらはみらいのたんけんたい』という歌を歌い始めました。
その中に、「みんなともだち、がっこういってもずっとともだち」という歌詞があり、
ちょっと複雑な表情をしている人もいました。
「これ、そつえんしきにうたったらいいんじゃない?」
と言った女の子の声に、
「いやだ。」
と、ひとりの男の子が言いました。
12月に、突然わたしを捕まえて、
「なおこせんせい、ずっとようちえんにいていいですか?」
と聴いてきた男の子でした。
わたしはその時、
「いいよ。小学校に行きたくなるまでずっといていいよ。」
と返したので、
男の子は、安心した表情で、
「わかった。」
と言って、遊びに戻ったのでした。
幼稚園生活があまりに充実しているので、
その先に必ず訪れる環境の変化を今は受け止められないのかもしれません。
でも、これだけ充実し、熱中できるものを自ら獲得してきたこどもたちなら、
時が満ちれば、必ず次の一歩を自ら踏み出していくと信じています。

ひとりひとりが、自分の足で、自分の歩幅に合わせて、
ゆっくりと歩んで行く2017年であって欲しいです。
[ 2017/01/14 11:44 ] 保育 | TB(-) | CM(-)

鍵と秘密基地

「まえね、ジャングルジムでかいぞくせんごっこしたんだよ。
段ボールとかでやねをつくったりしてね。」

最近のこどもたちの、遊具でのありきたりの遊び方に、
物足りなさを感じていたわたしは、
登り棒に一緒に登る仲間のこうしくんに、
ジャングルジムのてっぺんに座って言ってみました。
すると、「やろう!」
こうしくんは、すぐに乗ってきました。
そして、重いテーブルを屋根にしよう!
と、言ってきたのですが、さすがにそれはちょっと・・・・
そこで、一番大きな段ボールを屋根に見立てて遊び始めました。
でも、年長のこうしくんには、もっと他に魅力的なあそびがあったよう・・・・
入れ替わりで、年中のさとちゃんが、目を輝かせて入ってきました。
それから、段ボールに穴を開けて、ひもを通し、
ジャングルジムの鉄の棒に結びつけては、
開閉式の屋根や壁、ドアなどを作っていきました。
そして、いつしか秘密基地づくりと変わっていったのです。
すると次に、
「かぎ、つくって!」
「いいよ。」
わたしは、言われるがままに段ボールを鍵の形に切り抜いていきました。
すると、「ぼくも。」「わたしも。」と、次から次へと注文が舞い込み始めました。
何個も何個も作ったので、指の皮がむけてしまう程でした。
もちろん、取り付けた段ボールのドアには鍵穴をくりぬいていたので、
鍵を手にした人は、鍵穴に鍵を突っ込んで、秘密基地に侵入していきました。
『しちょう』(何故かそう呼ぶのです)のさとちゃんは、
「かぎをもってるひとははいっていいよ。」
と、気前よく言いながら、基地づくりの構想を練っていました。
そしてわたしは『大工さん』。
どんどん増えていく『住人』の、
楽し気で一生懸命なあそびっぷりに大満足しています。

こうして『ひみつきちごっこ』は、今日で4日目になりました。
『住人』が増える度に、郵便受けができたり、鍵入れができたり、
クッキーを焼くオーブンができたり、小さな庭ができたり・・・・・と、
2メートル角ぐらいのジャングルジムの秘密基地は、
限りなく大きな基地になっています。
そして、その基地にはいるには、
思い思いの『鍵』が必要なのでした。

こどもたちには、自分の世界を開いていくための『鍵』が必要なようです。
『鍵』は『意志』となって、まるで魔法をかけるかのようにして、
人間関係や経験を限りなく広げてくれます。
そしてこどもたちは、限りなく成長していくのです。



[ 2016/11/17 22:15 ] 保育 | TB(-) | CM(-)

寒くて温かいバザー

12月上旬、と言われる程の寒さと、冷たい雨の中で、
バザーが行われました。
1ヵ月半かけて準備してこられたお母さんがたと
サポートしてくださるOGのお母さん方。
雨の中、来園してくださったお客さんたちをお迎えして、
心尽くしのおもてなしをしてくださいました。
わたしも、この時ばかりは、
あこがれのケーキ屋さんになったつもりで、
できる限りケーキを焼いて、
『こひつじカフェ』を楽しみました。

「あー、さむーい!」
時折、テラスで販売をしていたお母さんが、
室内に飛び込んで来て、ちょっとだけ暖を取ってまた戻って行かれましたが、
その表情は、みんな笑顔だったのが不思議なくらいでした。

あっという間に食品は売り切れてしまいましたが、
その後、炭火でマシュマロを焼いて、
クラッカーで挟んだ『サモア』を振る舞って下さったOGさん。
善隣の焼き芋会の定番メニューを
お客さんと一緒になって楽しみました。
  あー・・・なんてあったかくてたのしいのでしょう・・・・
これぞ、善隣でこどもたちと味わっているいつもの空気でした。
それは、『生活とあそび』です。
ひとりでは味わうことのできない規模の、仲間と創る『生活』。
そして、どんな状況であってもこぼれる笑顔が、『あそび』の中にありました。
お母さんたちとの間でも、この質の高い『生活とあそび』を味わえるなんて、
本当に幸せな善隣幼稚園です。
[ 2016/11/15 21:09 ] 教会幼稚園 | TB(-) | CM(-)