スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

変わることと変わらないこと

幼稚園のインターホンが鳴って出てみると、
そこにはどこかで見た顔が。
「直子先生、わかりますか?」「えっとー・・・」
それは、高校2年生になった卒園生の女の子でした。
年中で転園し、しばらく離れていましたが、
数年前に近くに戻って来ていたとのこと。
少し勇気を出して、なつかしい善隣を尋ねてくれたのでした。
おもしろくて、活発だったあの頃の彼女と、
目の前に立っている、美しくて利発な彼女が重なって、
本当にうれしい再会となりました。

室内を案内して、職員室で先生たちとお茶をしました。
「先生のお部屋に入れるなんて・・・!
 わたしがけがをした時、藤本先生がすごく心配して、
 ベッドに寝かせてくれたんです。」
卒園生の話は、こどもの目から見た幼稚園ですから、
とても新鮮でした。
「幼稚園が変わってなくてよかったあ。
 でも、一番変わってなかったのは直子先生だった。」
今度は、母と来ます、そう言って元気に帰っていきました。

彼女が園を去って11年。
わたしも順調に年を重ねているのですが、
「直子先生、変わってなーい。」と言ってもらうと、やっぱりうれしい!
でも、実は大きく変わったのです。
保育のことを何も知らなかった当時。
目の前で巻き起こるこどもとおとなのドラマに、
なぜ?どうして?わたしならどうする?と、
ノートに書き連ねながら、一生懸命に考え、学びました。
失敗をたくさんしました。
こどものおもしろさに魅かれていきました。
そして、わたしが善隣で保育をさせてもらうことを召命と、感じるに至ったのです。
ですから、わたしは大きく変わったのです。

それから、善隣の保育も大きく変わったはずです。
園長が変わったのですから。
わたしの成長とともに、善隣も成長し続けているのです。


さて、高校2年生の卒園生との再会の数日前、
わたしは、お二人そろって卒園生と、おっしゃる老夫婦にお会いしました。
ひさしぶりの等々力を散策されていた途中に、
なつかしい善隣の前を通りかかられ、掲示板を見ておられたので、
わたしは、お孫さんのために関心をもっておられるのかな、と思って
声をかけたのでした。
「変わってないわ。・・・うれしい。・・・」
でも、当時の園舎は木造で、見た目は変わっているはずなのです。
ただ、園庭と、そこに植わっている昔は小さかった木々の雰囲気は、
変わっていなかったことでしょう。
そして、何よりも、同じ場所にあり続けることが、
変わらないことなのだ、と思わされました。


週末、小学校の運動会を卒園生を応援するために回りました。4つも!
卒園したばかりの1年生とじゃれあっていると、
「直子先生・・・」と、ぼそっと声をかけてきた中2の男子。
「直子先生!!!」と、抱きつかんばかりの勢いで声をかけてくれた高1の女子。
こちらからは、あの小さかったあの子だとは気がつかないくらい成長していました。
「もう知ってる先生は、直子先生だけだあ。」
「園長になったんだよ。」
「ふーん。」
「いつでも遊びにきてね!」
「いくいくいくいく!」
あーー、ずっといてよかった。
こどもたちの成長をこうやって目にすることができるのも、
変わらずに居続けることができたからです。
自分自身が少しずつ変えられたからこそ、居続けることができたからだと思います。

かみさまのご計画の中で、変わるべきことと変わらないことが、
人と人との関わりを広げ、豊かにします。
スポンサーサイト
[ 2013/05/26 23:03 ] わたし | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。