おわかれ

卒園に、一日一日と近づいていくひまわりさんにとっての禁句は、『おわかれ』と聞いて、
しまった!!と思いました。
23日の最後の園外保育は、『おわかれえんそく』だからです。
でも、今さら小細工をしてもしょうがないので、
そのまんまの『おわかれえんそく』に行ってきました。

出発前、園庭でお祈りをした時、「みんなで行く最後の遠足だね。」と、
わたしはあえて言ってみました。
すると、こどもたちの表情は、ちょっと固まりました。
何かを感じて、考え始めた顔でした。
自然体も大切ですが、あえて、いつもとは違うことを
自分なりに受け止めるということも、悪くないと思ったからです。

さて、最後の遠足の行き先は、羽根木公園のプレーパーク。
もう、8年くらい通っているでしょうか。
毎月、園外にみんなででかけ、広い遊び場で、
からだで遊ぶ力や、遊びを生み出す力を付けて欲しいと思ってきました。
その、総集編として、こどもたちがプレーパークでどれくらい遊べるのか、
試しているようなところもあります。

路線バスに乗り込み、30分で公園付近へ。
そこから2列になって歩いて10分。
みんなで歩くのもお手の物で、あっと言う間に公園に着きました。
最初に遊んだ迷路の公園では、どろどろになっても、
砂まみれになっても、気にもとめずに壁と壁の間の道を
あっちへこっちへと走り回って遊んでいました。

しばらくして、さくらさん・ひまわりさんは隣のプレーパークに移動。
3回目のひまわりさんは、「イエーイ!!」と、大喜びでした。
そして、廃材で作られた不恰好なツリーハウスや滑り台や基地のようなものに
飛びついていきました。
荒削りなそれらの遊具は、普通の公園では考えられない程高かったり不安定だったりして、
危なっかしく見えますが、実はこどもたちは、
自分にできないことは、怖くてやろうとはしないので、
自ら、思い切ってやってみたことに関しては、危険が生じることはめったにないのです。
だから、おとなも手助けはせず、こどもが自分の力に合わせて選ぶ遊びを
信頼して見守る姿勢が試されます。

お弁当をみんなで食べてから、プレーパークで遊び始めたももさんも、
臆することもなく、おもしろそうな遊具に飛びついていました。
とにかく、遊び方は自由。
基地のような小屋の穴から、ギョロッと覗き見ている人。
小屋の中の穴に足をかけてよじ登ろうとする人。
よじ登ったらもっと上に登ろうとする人と、棒に捕まって降りてくる人。
それぞれにおもしろいことを見つけて、たくましく遊ぶ姿に、わたしは大満足でした。

そして、あっと言う間に帰り支度ぎりぎりの時間になってしまい、
「そろそろかえろうかあ。」と声をかけると、「えーーーー!!! もう?!」
「またこようね。」と口々に言いながら、
名残惜しそうに枯葉を踏み踏みプレーパークをあとにしたのでした。


『おわかれ』には寂しい響きがあるけれど、
出会えたからこそ、経験できたからこそ、そこには『おわかれ』が生じます。
そして、次のステップへと進んでいくのです。
幼稚園を卒園する、ということは、こどもにとっても、親にとっても、
いろんな意味での『おわかれ』であり、スタートだと思います。

そのおわかれを惜しむように、園でも必死で遊ぶひまわりさん。
彼らの園での時間を大切にしてあげたい、と思います。






スポンサーサイト
[ 2013/02/23 22:12 ] 保育 | TB(-) | CM(-)