スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大冒険で出会った奇跡

ひまわり組の大冒険に行ってきました!!!!!

「ママもいくんでしょ。」
「やっぱり、いきたくない。」
「うちの子、まだ旅行に行くことを話してくれないんですけど・・・」

1週間前までは、こどもたちの首をかしげるような様子も耳にしながら、その心の内を思い巡らしていました。
遠くに泊まりに行くことは、こどもにとっても、親にとっても、勇気が試される出来事だったと思います。
だから、親離れ、子離れの予行演習でもあるのかな、と思ってます。

さて、当日の朝。
15人のこどもたちは、いつもと同じか、あるいは、少し興奮して、登園してきました。
お母さん方も、満面の笑顔でした。
きっと、こどもたちが、この日を元気に迎えることができたことだけでも、
十分な喜びを味わっておられるのではないか、と思いました。
実際、前日までの保育の取り組みで、お泊り保育の目的は、90%達せられてる、とわたしは思っています。
担任にも、「ご苦労さま。よくがんばったね。」と、前日にねぎらいました。
「じゃあ、後はよろしくお願いします。」と、担任として、いよいよ高まる緊張感の中で、
互いに冗談を言い合ったりしていました。

かくしてこどもたちは、期待と不安と勇気の入り乱れる初めての不思議な感覚を味わいながら、
さっそうとバスに乗り込んでいきました。
交差点まで出てきて、人目をはばからずに手を振るお母さんたちに、
こどもたちも、うれしそうに手を振り替えしながらも、
心はもう、大冒険に旅立っていました。

その背後で、園長としてわたしの心に影を落としていたのは、日程と天気のことでした。
去年、初めて利用して、大好評だったロッジに泊まらせてあげたいがために、
6月中のお泊りになり、実は、準備がとてもハードになってしまったこと。
前日2日間は、梅雨の晴れ間でしたが、
この2日間は、もろに、梅雨前線にひっかかってしまう、ということでした。
でも、ここで心配してもしかたがない、かみさまは、一番良いお泊り旅行にしてくださる!!
と、信じて、得意の「かみさま、おまかせします!!」で、心の雲を吹き飛ばすようにしました。

そして、奇跡が起きたのです。
2日間、雨は降りませんでした。
1日目は、今にも降り出しそうな空模様だったので、
プログラムを少しずつ変更しながら、様子をみながらでしたが、
結局、キャンプファイヤーもできちゃいました。
予定外で、みんなで、大きな富士山も眺めることができました。

その時のエピソードを少し。
富士山を眺めながら、『夕陽の丘』でお母さんの作ってくださったお弁当を食べ、
早く食べた人とその辺を探検することにしました。
そこでこどもたちが見つけたのは、『山賊の家』・・・・・
実は、それは礼拝を守ったりするための建物だったのですが、
あやしい雰囲気で、鍵がかかっており、中から返事もないので、
「さんぞくのいえじゃない?」と誰かが言い始めました。
実はこの時、オリエンテーリングの途中で、内容の指令は、
山賊からの手紙が来た、という手の混んだ設定からスタートしていたのです。
それで、「わかった!さんぞくがでかけたから、てがみをくれたんだ!」
と、だれかが言うと、ほかの子も納得していました。
そうなってくると、ますますその建物が、怪しい山賊の隠れ家に見えてきて、
冒険心が高まってくるから不思議です。
「あっ!はしごがある!」
「のぼろう」
わたし、あわてて、「屋根が破れるかもしれないから、ゆっくり、ゆっくり・・・」
東山荘さん、ごめんなさい・・・とか、危ないなあ・・・とか考えながら見守っていると、
「わー!わたしも登りたい!すごい!」と、あっという間に登って、
屋根の端っこまで行って富士山を眺めたのは陽子せんせい!
やられたあー・・・と、思いました。
すると、「なおこせんせいは、のぼらないの?」と、こどもたちが言うじゃないですか。
で、高所恐怖症の園長も、登ることにしました。
四つんばいになり(屋根を傷つけないためと、こどもの安全のためですよ!)
端っこまで進んでみると・・・・・・すごい!
富士山が、手に届くようでした。
こどもたちと寝そべってしばらくの間、眺めていました。
それはそれは楽しい瞬間でした。

そして、2日目は青空の下で、虫を追いかけ、鬼ごっこをし、山道を歩きまわりました。
ここまでに培われてきた、こどもたちの体力・気力・精神力の強さを目の当たりにしました。
芝生の斜面で、気持ちの良い風を全身に感じながらみんなでアイスクリームを食べた時、
先生とか、こどもとか関係なく、「たのしいね。しあわせだね。」と、
誰もが感じていたのではないかと思います。


園外保育に始まり、こどもたちが計画したこのお泊り旅行でした。
お母さん方も、「本当に、こどもたちが計画した、と思っているんですねえ。」と、感心しておられました。
だからこそ、何が起こるかわからないという、『奇跡』に出会えた大冒険でした。
目に見えることを信じ、実行するのは当たり前です。
でも、目には見えないけれども必ずそこにあり、これからも生まれてくると信じて、
少しの勇気をもって実行する時、必ず、予想を超える程のすばらしいことに出会える、ということを
このお泊り旅行でも教えてもらいました。


こどもたちと迎える7月。
大冒険は続きます。





スポンサーサイト
[ 2012/06/30 17:10 ] 保育 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。