スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クリスマス会その後

今年は暖かい日が続き、今でも園庭の木に緑色のはっぱが揺れている程。
こどもたちも 元気一杯ブランコを漕いだり、裸足でどろあそびをしています。
そういえば、今年は職員室のベッドを1回くらいしか使っていません。
こどもたちがとても元気に過ごせていることを うれしく思います。

さて、クリスマス会は終わりましたが、ページェントは毎日続いています。
ひまわりさんは、約束通り、やりたかった別の役の衣装をまとい、少し照れくさそうに演じていました。
でも、せりふはほとんど完璧に覚えていました。
もちろん、出るタイミングや動作も。
わたしたちは、台本がないと困ってしまいますが、こどもたちにはそんなもの必要ありません。
わたしが、ぼーっとして伴奏を忘れていると、小さな声で「あれっ?」と、言ってくれます。
「あーあーごめん。」と、わたし。
完全に、こどもたちのページェントになっていました。

その頃、さくらさんはおママごとのエプロンやふろしきを自分なりに身に付けて、
ページェントごっこをしていました。
箱積み木で作った舞台の上に、エプロンの羽を広げた天使が歌いながら現れ、
3人のマリアさんに話しかけます。
ふろしきのマントを羽織ったはかせたちは、梱包財をかごに入れた宝物を大事そうに持っていました。
みんな真剣な表情で、あこがれのページェントを演じていました。

そして、ももさん。
「せんせい、てんしのはねみたいにして。」
エプロンのひもを両手に持って、真ん中をブラウスの襟に洗濯ばさみで止めてもらって、
小さな天使が現れました。
「らーらーらーらーらららららーはーれるーやーはーれるやー・・・」
「おめでとう まりあさん あなたは もうすぐ おとこのあかちゃんをうむでしょう」
「わたしには とてもできません」
「だいじょうぶですよ かみさまに できないことはありません」
「はい おことばどおりになりますように」
このお気に入りの場面を 何度も繰り返していました。

ページェントをみんなでやり始めたのは1週間半前。
今が、1番自分のものになって楽しいのかもしれません。
そして、いよいよクリスマス。
こどもたちの心に、本当のクリスマスの意味が響くことを祈ります。

等々力教会では、今年も子ども聖歌隊が、イブの夜のキャンドルライトサービスで活躍しますが、
少し、難しい歌に挑戦したので、個人レッスンもしました。
わたしも楽しくなって、もっと歌う機会をと思い、キャロリングをすることにしました。
しかも、尾山台商店街のふれあい広場で!
図書館の前ですよ!
商店街のイベントとしてさせていただくことになりました。
12月24日 午後7時45分頃からになると思います。
小さいころ毎年やっていたキャロリング。
寒いクリスマスの夜空に、ろうそくを持ってクリスマスキャロルをみんなで歌うと、
心があたたかく、楽しくなって、クリスマスの喜びがあふれてきたことを思い出します。
今年、お一人お一人にとって、特別なクリスマスとなりますことをお祈りします。

スポンサーサイト
[ 2011/12/17 19:16 ] 保育 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。