保育の生命線

お帰りのとき、今日のできごとをお母さんにお伝えしています。
驚いたことに、新任の先生にとっては、
何を伝えれば良いのか、わからないのだそう・・・・・
もちろん、体調の変化、けがをさせてしまったことなどは当然お伝えするのですが、
そのような、困ったことがなければ、
何も話題がなく、それこそ困ってしまうそうで、
園長は、そんな先生に困ってしまうのでした。

じゃあわたしは、お母さんに何を伝えているかと言うと・・・・
「今日ね、おもしろかったんですよ。
 お弁当の後にね、るかちゃんと、まいちゃんと、なぎちゃんが玄関をおうちにして、
 おうちごっこをしてたんです。積み木を並べてね、れみ先生と作ったベビーカーも持ってね。
 でもそこに、ひまわりぐみの男の子たちがやって来て、
 自分たちがここで遊んでいた、と強い調子で主張し始めたんです。
 わたし、どうするかなあと思ってみていると、
 るかちゃんが、『るかたちがはじめに遊んでたんだよ!』と、きっぱりと言い切ったの。
 がんばれえ!と心の中で応援してたんだけど、まいちゃんとなぎちゃんは、
 ベビーカーの中で寝たふりなのね。
 るかちゃん、ちょっと考えてから、
 『おひっこしすることになったよ』と箱積み木を片付け始めたの。
 まいちゃん、なぎちゃんも起き上がって、ベビーカーに積み木を積み込み始めてね。
 3人で楽しそうにホールにお引越ししたんですよ。
 『えーー?!それでいいの?』と思ったんですけどね。・・・・・
 るかちゃん、強くなりましたね。」
お母さんも嬉しそうでした。

こどもたちと生活していると、
その言葉、しぐさ、行動すべてに思いが表れていて、
しかも、日々変わっていくので、
わたしは、おもしろくてしかたがありません。
だから、このおもしろさをお母さんに伝えたくなるのだと思います。
余談ですが、おとなである保育者を観察したとしても、
きっと、おもしろいとおもうのです。
そしてそれを そのお母さんに伝えてあげたら・・・・

人間て、やっぱりおもしろいんですよね。

脇道にそれましたが、卒園生のお母さんがおっしゃいました。
先生がうらやましい、と。
親と離れて過ごす幼稚園で見せるこどものおもしろくもすばらしい姿を
ご自分も見てみたいと思われるのだそう。
でも、それは難しいのです。
お母さんと離れて、一人の人間として、集団の中で生活しているからこそ
自ら決断し、行動しているのですから。

だからこそ、わたしたちはお母さんにこどもの園での姿をお伝えしなければなりません。
こどもの発することば、行動、友達とのあそび・・・・
すべてにその子からのメッセージが込められているのです。
ただ、そのメッセージを推理しようとしているのではなく、
おもしろいなーー!と思って受け止めると、自然と意味が見えてくると言う感じ。
そして、それをお母さんにお伝えすることによって、
こどもを育てる時、何を大切にすべきかをお伝えすることにもなるのです。

わたしは、保育者間においても、
こどもの姿を一緒におもしろがり、伝え合うことが大切だと思っています。
それによって、善隣が何を育てようとしてるかがはっきりとしてきます。
『伝え合う』ということことがなくなった時、保育は死んでしまいます。

「おもしろかったんですよー。後で、お茶の時話します!」
こどもたちを見送って、かなこ先生が目を輝かせて言いました。
そして、お茶をしながら、ホールで繰り広げられた『魚釣りごっこ』の様子を
楽しそうに伝えてくれました。
善隣の『保育の生命線』が、序序に広がっていることを感じています。
スポンサーサイト
[ 2011/05/22 18:37 ] 保育 | TB(-) | CM(-)