FC2ブログ

うんどうかいのその後

運動会が終わって2週間。
とにかくこどもたちは、目を見張るほど生き生きとした毎日を送っています。

まず、直後にみんなで園庭でたのしんだ『ミニうんどうかい』では、
年少のダンスをみんなで楽しみ、
年中のパラバルーンをみんなで楽しみ、
年長の組体操をみんなで楽しみました。
「やりたい人どうぞ!」と、言っただけなのですが、
待ってました!とばかりに、ほとんどの人が出てきて、工夫しながらやっていました。
玉入れも、はじめてやったあこがれの綱引きも、チームで力を合わせ、
負けたら、とても悔しがっていました。
最後のリレーも、毎度のことながら、全力疾走の真剣勝負でした。
2回目以降は、年中さんも混じって楽しんでいました。
みんな、うんどうかいのためにスポーツをしていたわけではないことは明らかでした。

そして、運動会後の自由遊びの広がりや、クラスの時間のまとまりを見て感じたのは、
一人ひとりが、運動会までの取組を通して、自分と仲間を肯定し、
確かな自信を付けたな、ということでした。
自分の内側に生まれる、興味や好奇心を形にしようとする力と、
仲間と一緒に遊ぶために工夫する、外に向かう力の両方が、
年長は年長なりに、年中は年中なりに、年少は年少なりに、
活発に発揮されていることをうれしく思います。

これからも、いろんな葛藤に出会うでしょうが、
その一つひとつが実りを生み出すことを楽しみにしています。
スポンサーサイト
[ 2018/10/21 20:18 ] 保育 | TB(-) | CM(-)