FC2ブログ

おじいちゃんおばあちゃんと一緒に

大切に大切にかわいがってくださるおじいちゃんおばあちゃんに、
こどもたちが、心を込めて葉書をかきました。
それは、クレヨンやクーピーで、心に浮かぶ絵や言葉を写し出したもの。
机の上の葉書の上に体を覆いかぶせるようにして描くその姿は、
おじいちゃんおばあちゃんの優しいお顔を思い浮かべながら、
何とかして、自分の気持ちを伝えようとしている姿でした。

その葉書を持って、みんなでポストまで出かけました。
ひまわり組さんはもも組さんと手をつなぎ、さくら組さんはさくら組さん同士で手をつないで。
ポストの前まで行くと、小さなもも組さんに、
「じぶんでいれたい?」
「うん」 
「わかった」と言って、後ろからゆきちゃんを抱っこしてあげていたかいくん。
みんなとても優しかったです。

さて、その後の『敬老の日の集い』では、
その優しさをくださったおじいちゃんおばあちゃんをお迎えして一緒にあそびました。
いつも通りに園庭を駆け回っているこどもたちも、
おばあちゃんが見ていてくれる、という安心感に包まれているようでした。
お手玉あそびやだるまおとしを教えてもらったり、
板の上で車のおもちゃを走らせるあそびを手伝ってもらったり・・・・・・
みんな、目がきらきらしていました。

離れて暮らしていても、思い合う気持ちでつながっている関係。
お互いに支えられている温かさに包まれた一日でした。
スポンサーサイト
[ 2018/09/16 23:02 ] 保育 | TB(-) | CM(-)