FC2ブログ

ジュースレストラン

あつ~~~い夏に元気をくれる一杯・・・・・
それは、梅ジュースとレモンジュース!
今年も、年長のひまわり組は、
「ももさんやさくらさんにジュースをのませてあげたい。
うめジュースかレモンジュースをえらばせてあげたい。」
ということで、
6月12日に、自由遊びの時間にみんなで作った梅ジュースと、
6月26日に、ひまわり組で作ったレモンジュースの飲み頃を待って、
ジュースレストランを開きました。

まずは、ジュースの作り方講習会。
みんな真剣そのもので、わたしの説明を聞きました。
「最初に、こおりをひとつ入れます。
次に、シロップを入れるんだけど、
おかあさんゆびを見て。線が3本はいってるでしょ。
その一番うえの線くらいまでシロップをいれてね。」
みんな、自分の指を見つめながら聞いていました。
紙コップに注いだシロップを見せて回ると、
「なおこせんせいのゆびはおおきいから、それくらいなんだね。」
と、自分の指と見比べながら量を覚えようとしていました。

「カップの半分よりも少し上まで水をいれたら、
おはしで3回かきまぜるよ。」
最後に、できたレモンジュースを見せて回ると、
その色やにおいを確認していたこどもたち。
実際に、自分が飲むジュースを作りながら、
ジュースの濃さを目で確かめていました。

さて、いよいよレストランを開店。
最初は戸惑っていたこどもたちも、
グループ毎に各担当をローテーションで受け持つことにもすぐに慣れ、
互いに工夫し合いながらおいしいジュースを振る舞っていました。
お客さんが飲み終わった後にカップを片づける場所には、
しゅうじくんが立ち、「おきゃくさんをたすけてあげたいから。」
と言って、自ら片付けを手伝ってあげていました。
みんな、自分のできることを探しながら、
一生懸命にレストランを楽しみました。

お客さんが引いて閉店にし、
最後に自分たちのためにもう一度ジュースを作って
「かんぱーーーーい!」
「おいしーーーい!」
その味は、初めて作ったジュースよりも、
何倍も味わい深かったようです。
スポンサーサイト
[ 2018/07/15 17:41 ] 保育 | TB(-) | CM(-)