FC2ブログ

パパをひとりじめ!

恒例の『親子登園日』は、熱中症対策が必要な程の、
暑い日差しの下で行われました。
『木工コーナー』では、くぎ打ちやピンボールづくり、
『紙粘土コーナー』では、絵の具で色をつけたりしながら、
思い思いの作品づくり。
『廃材コーナー』でも、空き箱やトイレットペーパーの芯や牛乳パックを
好きなように使って、武器やいすや車など、
思いつくままに作っていました。

その姿は、いつもの幼稚園でも見られるあそびの姿でしたが、
この日は、その傍らに、『おとうさん・おかあさん』がおられました。
だから、こどもたちは一人ひとりが、いつもよりもゆっくりと構え、
自分がしたい、と思ったことをおとうさんたちに伝えながら、
一緒に、イメージを形にしていました。
おとうさんたちも、腰を下ろし、こどもの声に耳を傾けて、
一緒に、その時間を楽しんでおられるようでした。

しんちゃんは、普段から廃材工作が大好きで、
おもしろい物を作っているのですが、
この日は結局、1時間40分もの間、ずっと工作コーナーにいて、
パパと一緒に、とても大きな武器を作っていました。

パパをひとりじめして、好きな遊びに熱中できた時間。
それは、わたしたち大人が思う以上に、
こどもにとっては、大切なもののように思います。
それは、その時よりも、ずっと後になってから気づくのかもしれません。

スポンサーサイト
[ 2018/06/17 21:00 ] 保育 | TB(-) | CM(-)