FC2ブログ

じ――っと、見つめていると・・・

今年度初めての園庭開放をしました。
0歳から5歳までの元気なこどもたちと、お母さん、お父さんを迎えました。
今日の日を待ってました!と、ばかりに、
満面の笑顔でわたしを見つめる男の子。
お昼寝の時間と重なって、ちょぴり不機嫌な女の子。
みんな、赤ちゃんの時とはちょっと違う好奇心を持って、
善隣幼稚園に来てくれました。

手遊びや一人ひとりとのごあいさつを楽しんだ後、
グループ毎にレジャーシートを囲み、
小麦粉粘土を作ってあそびました。
ボールの中のサラサラの小麦粉を見ると、
すぐに触ってみて、真っ白くなった手をおもしろがる人やママにしがみつく人。
お水やお塩や油を入れて、一緒にこねこねしながら、
手にべたついたり、ぽろっととれたりと、変化する感触を楽しみました。
そして、こどもによって違う反応に合わせて、
声をかけたり、おもしろそうに粘土に触ってみせるお母さんたち。
「自分の思い通りにいかないと、機嫌が悪いんです。」
と、困り顔で話されるその間も、しっかりと我が子を見つめておられました。

たしかに、赤ちゃんを過ぎるころから、
自立を目指す『欲求』が、日々、小さな体と心にこみ上げてきて、
その『欲求』からくる、『必然的な行動』は、大体、おとなを驚かせてしまうように思います。
例えば、せっかく小麦粉粘土づくりができるのに、
「いや!やらない!」と、言ってみたり、
今まで登ったこともない、太鼓橋にどんどん登ってみたり・・・・・

そんな時、「あーー・・・どうしてそうなの?」と、嘆いたり、
「危ない危ない。」と、慌てて手を出す前に、
我が子が、今、必然的に「やりたい!」と選んだ行動を
まずは、じ――っと、見つめてみてはどうでしょう。
すると、こどもは必ずその行動から何かを学ぶはずです。
そして、満足そうな表情を見せることでしょう。
だから、親としても心穏やかに我が子に寄り添えるように思います。

小麦粉粘土と、園庭での思い思いのあそびに出会ったこどもたち。
その姿を見つめるお母さんたちも
「今日も成長したい」、と願い、精一杯生きる我が子の姿に出会っていただけたことでしょう。

スポンサーサイト
[ 2018/05/19 21:05 ] 保育 | TB(-) | CM(-)