FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インフルエンザになって見える風景

超ハードな1月を乗り越え、
行事続きの2月に突入!
こんなに忙しいのは、決してよろしくはない!と、わかった上で、
優先順位を考えた結果、いつもこんな調子・・・・・

「しっかり食べて、しっかり寝て、体調管理ね!」
と、先生たちに言っていたわたしがインフルエンザに。
多分、幼稚園を18年やっていて初めての病欠をしてしまいました。
熱はあまり出ないタイプでしたが、身動きの取れない状況にどんより・・・・
カーテン越しに、
こどもたちの飛び回り、動き回るボールのような肉体と、
細やかに感じ取る吸い取り紙のような心の動きに、
ぼーっと、見惚れていました。
普段は、このこどもたちの中に身を置き、
一緒に体を動かし、心を寄せて過ごしているわたし。
だから、こどもたちの持っている躍動感を当たり前のように感じながら過ごしてしまっています。
でも、このように、それに触れることのできない距離が生まれた時、
一人ひとりが持っているいのちは、途切れることなく躍動していることがよく見えてきました。

30秒毎に、お気に入りのセリフを大声で叫んでいる男の子。
モヤモヤしてるの?
それとも、すごくハッピーなの?
誰かにかまってもらいたいけど、どうしていいかわからないの?

片付けになっても、みんな知らん顔で遊んでる中、
ひとり、しゃがみこんでじーっとしてる女の子。
場所を移動して、またじーっとしてる・・・・・
何を待っているの?

動いていても、じっとしていても、頭と心の中はずっと躍動しているこどもたち。
おとなと違って、簡単に答えをみつけられないことが、
いや、簡単に形だけを取り繕うとしないところが、
こどもの難しいけどすばらしいところ!!!

そんなこどもの風景をインフルエンザのカーテン越しに見ることができました。

休んでる間、がんばってくれた先生たち、ありがとう!




スポンサーサイト
[ 2018/02/12 12:13 ] 保育 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。