FC2ブログ

かいじゅううんどうかい

雨雨雨・・・・・
天気予報では、金・土は雨!
と、ずっと言われていました。
それでも、あきらめてはいなかったのだけど・・・・
やっぱり・・・・

結局、体育館での運動会、となりました。
でも、こどもたちのパワーは変わりませんでした。
むしろ、快適な温度と、こじんまりとしたいつものサイズ感からか、
いつも通りの自然な様子が見て取れました。

そして、トラックを囲む、たくさんの家族の温かいまなざしの中、
わたしのかわいいかいじゅうたちは、おおあばれをしました。

善隣の理念では、こどもたちのため、と言いながら、
やらされている感のある運動会は、ありえない。
特に今年は、
『こどもたちの感性と興味とがんばりと発見が見える運動会にしよう!』
と、高い理想を掲げてスタートしました。
だから、先生たちは、毎日のこども一人ひとりの様子に、
今まで以上に目をこらし、
何をこどもたちは求めているのだろう、と考えながら準備をしました。
その過程で感じたのは、
こどもの興味の多様性やちょっとしたきっかけで成長する力、
そして、それらをこちらがしっかり受け止めようとすればするほど、
いろいろな保育の可能性を生み出すことができるのだ、
という実感です。

というわけで、ちょっと見ただけでは
例年と変わらない運動会だったかもしれませんが、
今年の運動会は、内容の一つ一つに深い意味が込められた
すばらしい運動会だった、と園長は先生たちを誇りに思っています。

「メリハリだよ。」
最近、年長の女の子が、クラスに呼びかけるようになった、
と担任から聞きました。
その言葉は、わたしが年長ひまわり組に諭した言葉です。
『かいじゅうたちのいるところ』の劇をするのに、
それぞれがあまりに勝手にしゃべり、ふざけていたので話したのですが、、
やる時は集中してやらないと、良さが伝わらない、ということを
運動会の取組を通して、学んでいったようです。
そして、運動会本番のメリハリは、すばらしいものでした。
劇はもちろんですが、組体操!
あのいつも底抜けに明るく、リラックスしきって緩んでいた表情は、
全神経を集中させて引き締まった表情に変わっていました。
そして、沈黙の中に互いを思い合う優しさが溢れた完璧な演技でした。

一方では、のびのびした善隣らしく、組体操やパラバルーンのような
練習を積まなければ完成しないものをやらせなくても・・・・
という考え方もあると思います。
その日一日、みんなで楽しくゲームを楽しむ、
という運動会もいいでしょう。
でも、多様性をもった人間が、毎日の生活を共にしながら、
一つの目標に向かうことで、
互いの多様性を認め合い、補い合い、時には自制する、という
大切な経験ができるような気がします。
だから、組体操やパラバルーンの取組を通して、
こどもたちは、かげがえのない経験を積むことができると思います。

こどもたちのもっている、
『かいじゅう』のような自由で豊かな感性。
それは、お互いの感性を認め合う、
ということがあってこそ、社会的にも自由になれます。

毎日、『かいじゅうたちのいるところ』で生活させてもらいながら、
わたしが学ばせてもらっているのは、そういうことのような気がします。



スポンサーサイト
[ 2017/10/10 10:32 ] 保育 | TB(-) | CM(-)