はがき

今年も敬老の日を前に、おじいちゃんおばあちゃんに葉書を書きました。
もも組は、いつものクレヨンで思いっきりお絵かき。
やっぱり葉書はこどもたちには小さすぎて、
表のあて名の上にもお絵かきした人もいました。
その特別な葉書は、
担任が丁寧に手紙を添えて、封筒に入れて投函しました。

さくら組は、クーピー(色鉛筆)をグループ毎に貸し合いながらお絵かき。
綺麗な洋服を着たおばあちゃんや
大好きな『はらぺこあおむし』の絵など、
顔を机にくっつけるようにして描いていました。

ひまわり組は、鉛筆で描いた絵や手紙に
色鉛筆で色を塗りました。
お泊り保育でもお母さんに葉書を書いたことを思い出しながら、
おばあちゃんおじいちゃんの顔を思い浮かべて書けたようです。


そして数日後、その葉書を持って、
尾山台商店街のポストまで、
みんなで投函にでかけました。
いつものように、ひまわり組はもも組の手を取って歩きました。
ポストの前では、まずひまわりさんが投函して見せ、
その後、ももさんが背伸びをして真似をしていました。
もしかしたら、生まれて初めて
自分で葉書をポストに落としたのかもしれません。
小さな両手を伸ばし、
ポストの口を左手で押さえてから
右手で葉書をいれる人もいました。

おとなも手紙を書くことが少なくなった昨今だからこそ、
こうして時間と手間をかけて便りを送ることを
こどもたちが経験できてよかったと思います。
とても暑い日でしたが、みんなこのお出かけを
とても楽しみ、満足していました。


スポンサーサイト
[ 2017/09/17 18:51 ] 保育 | TB(-) | CM(-)