FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

目と心とカメラで

今週、わたしはズボンの後ろポケットに、
ずっと前に買った小さなカメラを忍ばせています。
こどもたちの中であそびながら、
「ここ!」と思った瞬間をカメラに収めるようにしているのです。
ひとりのこどもが「おもしろい!」と感じて始めたあそびが、
どのように変化していき、何を発見し、成長していくのか・・・・
その「こどもの物語」をできるだけはっきりと心にとどめ、
わたしだけでなく、他の先生たち、お母さん、そして本人にも、
わかるような仕組みを探っています。

火曜日。
サルスベリのツルツルの幹に、
こうせいくんとそうたくんが、
バケツに汲んだ水をスコップですくってはかけてを繰り返していました。
おもしろかったので近づいてシャッターを切ると、
「みずのいろをつけてるの」
と言いながら、時々手で幹を撫でていました。
確かに、白っぽく乾いた幹は、
水をかけるとこげ茶色にひかります。
その変化をふたりは黙々と探究していたのでした。
ここからどうするんだろう・・・・・
と、わたしは興味津々でした。

そして、その日の午後。
「なおこせんせい、こおりおにしよう!」
と、誘ってきたさとちゃんの誘いに乗ったのは、
このふたりでした。
こおりおにに、ドンジャンケン、夏休みをはさんでの久しぶりのあそびにはしゃいでいました。
その間に、もちろんサルスベリの幹は乾ききって、
白くなっていましたが。

実は、今まではお部屋あそびが多かった彼ら。
その次の日からも、ドンジャンケンにドロケイ。
大繩とびにどろあそび、とエネルギーが外へとあふれ出ていました。

今後も、彼らをはじめ、一人ひとりのこどもの発見と探究を
わたしの目と心とカメラで追っていきたいと思います。
そして、その成長を見える化していきたいと思います。

スポンサーサイト
[ 2017/09/09 11:41 ] 保育 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。