親子登園日

「直子先生、雨です!」
「えーーー?!」
雨だった去年の記憶がよみがえる中、晴れバージョンで準備を進めてきたのに、突然の雨・・・
とりあえず、園庭に並べた机を屋根の下に入れて、祈りながら他の用意を進めたのでした。
そして、わたしたちの願いが届いたのか、結局雨は上がり、
幼稚園全部を使った『親子登園日』の行事を行うことができました。

親子で手形を取ったり、工作をしたり、木工をしたり・・・
2人で相談しながら思い思いに遊んでいる姿は、とても微笑ましいものです。
昨年は、ママとの参加だったけど、今年はパパが一週間前からお休みを取って参加してくださった方。
途中でお仕事のお電話をされたり、とてもお疲れのご様子でも、最後までこどもに寄り添ってくださった方。
パパやママといつもの幼稚園で、いつもとは違う時間を過ごせたことは、
こどもたちにとって、またひとつ、楽しく豊かな経験になったことと思います。

毎年、保育者が工夫を重ねた工作コーナーを設定するのですが、
そんなものには興味も示さず、いつもの粘土や、いつものお絵かきや、いつもの絵本を
楽しんでいる親子もおられます。
それぞれに心地よい空間と時間を作っておられるようで、それもうれしいものです。
また、各コーナーを一回りしたら、いつものどろんこ遊びを控えめに始めるももさんたちもいました。
「いつもこの遊びが大好きなんですよ。」
「そうなんですか。」
パパもいつもの我が子の園での様子を感じて、うれしそうに見ておられました。

クラスごとの遊びの時間も、みんなちょっと緊張しながらも、こどもたちを囲んでとても楽しそうでした。
もも組やさくら組は、『ロンドン橋おちた』や『ジャンケン列車』など、こどもたちを楽しませることを主にしたゲームでしたが、
ひまわり組となると、親と子がチームに分かれて、手加減なく『ボールおくりゲーム』に白熱していました。
もちろん、親チームが優勝して「イエーイ!!」と、大はしゃぎ!
こどもたちは、唖然としていました。
そして、最後は親子でおなかでボールを挟んでチーム対抗リレー。
ボールの運び方にも個性が出て、大盛り上がりでした。

プログラムの最後には、恒例の園庭でのお集まりをしました。
みんなでダンス!みんなで歌!園長のあいさつの後、みんなでお祈り。

パパ、ママ、お疲れ様でした。そして、どうもありがとうございました。
みなさんが、善隣幼稚園を選んでお子さんを送ってくださったから、
こどものこどもらしい、そして、その子らしい空間と時間をここで作ることができています。
これからの毎日もそのような幼稚園であり続けたいです。
スポンサーサイト
[ 2015/06/15 13:54 ] 保育 | TB(-) | CM(-)