笑顔いっぱいの運動会

雨で順延した運動会が、無事、終わりました。

2日間のブランクは、むしろ大きな期待となって、
おとなも子どもも小学校のグランドに、集まりました。
園外保育のペアで、いつもどおり元気に入場して来る子どもたち。
いつもの先生のかわりに、お手伝いに来てくださったスポーツの先生が、
後からおっしゃてました。
「子どもたちのペースを 待てる幼稚園なんだと思った。
 あいだが空いてしまっても、急かすことなく待てる先生たちなんだ、と思った。」

実のところ、わたしは、子どもたちに、何の不安ももっていませんでした。
子どもたちは、運動会にとても期待を持っていましたし、
今までの積み重ねが、土台となって、
持てる力が、どんなに溢れてくるのか、楽しみな程でした。

しかし、その期待を越えてしまうくらい、子どもたちは、すばらしかったです。

広いグランドと、たくさんのおとなの視線に怖気づくこともなく、
のびのびとかけっこをしたり、
いつものマイペースで、かわいいダンスを披露したももさん。

自信満々で、平均台を渡り、あっという間に跳びこみ前転をやってみせたさくらさん。
心地よい緊張感の中で、
メリハリのある、すばらしいパラバルーンの演技を見せてくれました。

ひまわりさんの個人技には、「おーーー」という歓声があがっていました。
逆上がりや前まわり、側転に前転、
そして、跳び箱の3段や、4段を次々と飛んでいくのです。
わたしが、跳び箱をとべたのは、4年生だったよなあ、と思いながら、
年少の時からの積み重ねの力を感じました。

そして、組体操。
いつもは、子どもたちの真剣な表情にこみ上げてくるものがあるのですが、
今日は、祈りごころを持ちながら、がんばる子どもたちを最後まで見つめ、それどころではありませんでした。
一人一人の弱さを乗り越えて、子どもたちは、
すべての技を 完璧に仕上げてみせました。
歯をグッとくいしばった、意思のある表情は、互いを信頼しあい、
一つの思いになって、挑戦する、力強さに溢れていました。

最後のリレーも、ドラマに満ちていました。
最初のうちは、初めて走る、小学校の広いグランドがうれしくて、
にこにこと楽しそうに走っていたのですが、
だんだんと、差がついてきたところで、
これはいかん!とばかりに、「がんばれ!」と、こえをかけあいはじめ、
迫力ある戦いになっていきました。

これも、いつもとは違う、広いグランドを、
大勢の人々の中で、走る機会を得ることができたからこそ、
感じることのできた感覚でした。


善隣の運動会は、「見せる運動会」ではなく、「見える運動会」と、
しつこく、先生たちと、確認しながら、準備してきました。
それは、おとなが、運動会までの子どもたちの取り組みを感じられるような運動会、という意味がありました。
でも、子どもの側から言うと、体験を積み重ねながら、「見えてくる(感じる)」ものが必ずある、
ということなのです。
だから、わざわざ、小学校のグランドをお借りして、
わざわざ、たくさんのミーティングを重ねて、
子どもたちに寄り添いながら、
丁寧に運動会の準備をして、良い体験の場を作ってあげることは、とても大切なこと、ともう一度確信しました。

この確信に共感してくださる保護者の方々と、
子育てのできるわたしは、本当にしあわせだと思っています。

あつい、あつい運動会でした。
スポンサーサイト
[ 2010/10/11 20:34 ] 保育 | TB(-) | CM(-)