FC2ブログ

おたんじょうびおめでとう!

誕生日の前日、
「なおこせんせい、おたんじょうびおめでとう!」
笑顔で声をかけてくれて降園するこどもたちがいました。
自分の中では、とても特別な一日を迎えるという感じがありましたが、
だからこそ、さりげなさを装っていただけに、
先生がこっそりこどもたちに伝えていたのには驚きました。
でも、こどもたちの表情からは、心から、わたしの誕生日を喜んでくれている気持ちが伝わって、
とてもうれしい誕生日前日でした。

そして当日。
「なおこせんせい、おたんじょうびおめでとう!はい、プレゼント!」
そう言って、お手紙や手作りのプレゼントを手渡してくれました。
こうやってこどもたちがくれるプレゼントは、
その時その時のこどもの飾らない、ありのままの気持ちが表れていて、
とても貴重なものだと思っています。
「なおこせんせいきのおもありがとうおたんじょうびおめでとうしいるつき」
前日にちょっと悲しいことがあって、わたしが助けてあげたのでした。
「だいすきだよ」
よくもらう言葉です。
決まり文句みたいで、ずっと前はわたしはあまり使わなかったのですが、
正直な気持ちなんだ、と思うようになって、
「わたしもだいすきだよ」と、返します。
小さなかわいい作品にも、その時のその人の興味や自信が表れていて、
大切にしてあげたいと思います。

さて、こどもたちの関心は、なおこせんせいは一体何歳なのか、ということらしいです。
前も、誕生日にひまわり組に行くと、
「なんさい?なんさい?」と、うるさいので、行かないようにしていたのでした。
確かに、おかあさんよりずっとおばさんだけど、こどもみたいによく遊ぶし、
園長だけど、先生たちのしないのぼり棒とか、鉄棒をするし・・・・

今年も、ついに、「なんさい?」という質問がきました。
「んーー・・・・・わすれた。」
「えーーーー!」
「もう、としとらないんだよう。あっ!でも、みんなは大きくなるのうれしいんだよね。」
「うん!」(ひとり、ううん、という人がいましたが)
「でもね、こどもはすばらしいから、わたしはこどもの心を持っていたいんだ。」
「でも、おとなになればひとりでどこでもいけるじゃない。」
「そうだね。それは便利だけど、おとなになると、こどもの心を忘れてしまうんだ。
 でも、こどもはすごいんだよ。だから、もうわたし、としは変わらないことにしたんだ。」
と、わけの分からない説明をしてみたのですが、もう誰も聞いてきませんでした。
ただ、「おじいいさんとおじさんのあいだって、なんさい?」
そんなことを聞いてきたので、「えっ?わたし、おばあさんとおばさんの間?ショック!」

さて、どこまで年齢不詳で通せるか。
ここだけの話、昨年の夏やすみに50肩になりまして、痛みにのた打ち回ったのでした。
それから、ベッドから起き上がる時は、そーっと肘をついて、順番に体を動かすようにしたり、
衰えていく体をいたわるようにはしています。
誕生日カードに、主人が書いてくれた言葉です。
『ですから、わたしたちは勇気を失いません。
 たとい、わたしたちの外なる人は衰えても、
 内なる人は、日々新たにされています。 コリント人への第2の手紙4:16』

こどもたちとともに、日々新しいことを学び、
日々新しくされながら歩む1年でありたいです。
スポンサーサイト
[ 2013/11/10 18:56 ] 保育 | TB(-) | CM(-)