月別アーカイブ  [ 2014年08月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

毎日少しずつ

今年の夏は、いつもより長く等々力に留まっています。
園舎の耐震改修工事をしているので、目が離せないのです。
工事の計画は、とても綿密に立てられていて、ひとたび工事が始まれば、
職人さんたちにお任せするしかない、と思っていました。
でも、実際は予定通りにいかないことも多いらしく、
見ていても、「あれ?そういうこと?だいじょうぶかなあ・・・???」
と、素人だけに不安をかんじることも出てきました。
それで、できるだけここにいて見守ろう、文句を言おう、と思ったのです。
「そりゃそうだと思うよ。ここは君の庭だから。」と、主人。
こんなにここにこだわりを持つのも、わたしならではなのでしょうね。
責任者の木村さんもよーくその辺を理解してくださっていて、
納得のいくまで話し合いながら、工程を進めてくださっています。

なるほど、工事を仕切るのもなかなか大変だな、と木村さんを見ながら感心させられています。
決められた日程の中で手順を調整し、専門の違う職人さんを手配するのはもちろんですが、
想定外のできごとが必ず起こるので、そこでまたこまめに調整し直しておられるのでした。
そして、その隙間を埋めるのが木村さん自身の手なのでした。
そうやって、毎日少しずつ少しずつ工事は進んでいて、
園舎は前よりも良い建物に生まれ変わっていっています。

さて、わたしはこうして幼稚園の様子を見守りながら、
園庭のサルスベリの花が毎日少しずつ開いていくのを楽しみに眺めているのですが、
いつもの年は、この花が咲き始めた頃に帰省して、帰ってくると見事に満開になっていたので、
華やかなピンクの花は、一斉に開くものだと思っていました。
でも、今年観察していると、この花は一つひとつの枝の先に小さなつぼみがふくらみ、
つぎにゆっくりゆっくり、順番に花が開いていくことがわかりました。
毎日少しずつ少しずつなのでした。
だから、明日はどうなるのかなあ・・・という期待感を味わえるのでした。
途中を見ていないと、全然気がつかないことでした。
そしてそれは、こどもたちの成長が結果よりもプロセスが大切なことと同じなのでした。
「丈夫な建物になりました」「今年もサルスベリが咲きました」
「それはようございました」・・・・・・
結果だけを見ればそれでいいのですが、そこに至るまでのプロセスの中にこそ、
何のためにそうするのか、という話し合いと、それに伴う期待と決断と努力、
そして、達成できた時の喜びがあります。
順調な時も課題がある時も、一緒に過程をたどってきたからこそ得られる成長の実感だと思います。

夏休みの終わる頃には、何事もなかったかのようにきれいに整っているだろう園舎の陰に、
職人さんたちの汗と技と心が隠されていることを それを目の当たりにしたわたしは、
こどもたちに伝えていきたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2014/08/07 15:02 ] わたし | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。