スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

こいのぼり

「やねよーりーたーかーいーこいのーぼーりー」
大きな声で、こどもたちと歌いますが、
最近は、そんなこいのぼりをあまり見かけません。
でも、善隣のこいのぼりは、こどもたちの頭の上を元気に泳いでいます。
おなかの中に風をたくさん吸い込むようにして泳ぐこいのぼりの家族は、
見ていると、いつも元気をくれます。

そんなこいのぼりを眺めながら、各クラスでは、
先生たちが、考えに考えた『こいのぼり製作』を楽しみました。
善隣には、保育マニュアルはありません。
「この年齢のこの時期は、○○を作りましょう。」というようなアドバイスはしません。
「先生は、どうしたいですか?」と、わたしが尋ねると、困ってしまう先生もいます。
でも、こどもは一人一人違う、先生も一人一人違うのですから、
その時のベストは違って当然です。
ここまでの経験や知識を駆使して、最後は、先生本人の感性で保育をするのです。


さて、ももさんは、触りたくて仕方がなかった『のり』で、
丸や三角や四角に切った折り紙を 好きなように色画用紙に貼る遊びをしました。
大体予想していた通り、ひとりも『のり』を嫌がるどころか、
すごく楽しく、それぞれのこだわりのある作品を作ったそうです。
「こたろうくんはね、大好きなピンクの色紙だけを選んで、貼っていったんですよ。
ピンク色の方にね。だから、ピンクは隠れちゃったんだけどね。」と、
生き生きと語る美枝先生。
「へー。大好きなピンクにのりを付けたんだね。」と、わたし。
翌日、こどもたちの作品を半分に折って、はしをしっぽの形に切り取り、
下側をのりでくっつければ・・・ハイ!こいのぼり!
大きな目を好きな場所に貼れば、自分だけのこいのぼりが完成する仕掛けでした。
その目の位置も、しっぽに見立てて切ったところを大きな口にして、
その横に貼り付けている人もいました。
でも、それがとても表情豊かで、美枝先生も、可菜子先生も感心しているのです。
そして、あのこたろうくんのこいのぼりは、というと、
白く立体的につながって貼り付けられた色紙が、
丁度、背中の所から飛び出した格好になって、まるで『ひれ』のようにも見え、
とてもおもしろいこいのぼりになってました。
そんな、こどもの発想のおもしろさと、偶然に生まれるおもしろさを知っている保育者が、
こどもたちをゆっくり、豊かに育てるのだと思います。

さくらさんは、大きな画用紙に絵の具の手形をペタペタ付けて、
こいのぼりを作りました。
こちらは、初めからしっぽの形を切り取り、
半分に折っておいたので、開いた状態で手形を付けても、
左右対称に模様を付ける人もいました。
もちろんしっぽのところを口に見立てて、
その横に黒い絵の具で目を描く人もいました。
和実先生は、お部屋の天井にスズランテープを張り、
こいのぼりを乾かしてあげながら、その下でみんなでお弁当。
「なおこせんせい、わたしのどれだ?」
みんな、自信満々に自分だけのこいのぼりをアピールしていました。


ひまわりさんは、大きな布に絞り染めのこいのぼりを
2ひき作りました。
白い布にビー玉を輪ゴムでしっかりと留めるのは、初めての経験でしたが、
結構熱中して、陽子先生が用意したビー玉は、すぐになくなり、
教材庫にあった大きなビーズやおはじきまで、どんどん使っていきました。
ピンクと青の染料を溶かしたタライに布を漬け込んで30分。
陽子先生の手は、真っ青に染まっていました。
その後、やりたい人で布を水で洗い、絞って、園庭に干しました。
すっかり乾いた翌日、みんなでビー玉を外してみると、
きれいな絞りの模様ができていました。
こんな、様々な工程を経る製作を ひまわり組は、
みんなで挑戦し、戸惑い、躓き、教えあい、感動しながら経験することで、
協調する喜びを重ねていくのではないかと思います。


『見えないものを見る』とは、今年度の保育のテーマです。
こいのぼりの製作にでさえ、こどもの中にある、
大切に育ててあげるべきものは何であるかが、
見えてくるような気がします。



スポンサーサイト
[ 2013/04/27 15:42 ] 保育 | TB(-) | CM(-)

こどものための・・・・

『保育所にあずけたい子どもの数が増え・・・』
今朝の朝日新聞の記事に傍線を引きました。
さまざまな事情はあると思いますが、
大人の都合で、こどもを預けられさえすればそれで良い、とも受け取られる、
施設の整備や、保育者の確保のみに言及している国の動きに
大きな危機感を抱き続けています。

尊いこどもひとりが育つ場所、出会う保育者は、こども自身が選ぶことはできません。
だから、大人は国は『こどものための』良い教育を保証することから外れないことを
常に、最優先しなければいけないと思います。


さて、新しい生活を始めた善隣のこどもたち。
ももさんは、なみだ目でお母さんにだっこしてもらって、門を入っていくものの、
先生の腕の中で涙は乾き、にこにこと遊び始めています。
もうすでに、ここにお母さんはいないけど安心して楽しくあそべる!!
ということがわかっているようです。
どろんこTシャツに着替えさせてもらって、
どろどろをスコップですくっては、ペットボトルの小さな口に一生懸命に運んでいたり、
お姉ちゃんたちの大縄を跳ぶ列にちょこんと並んで、
順番がきたら、ピョンピョン跳んだり、
お部屋の中でも、ピクニックごっこを始めたり、
油ねんどで好きなものを作ったり・・・・・・・
わたしたちも驚くほど、幼稚園を楽しんでいます。

さくらさんは、今までは一番小さいクラスで、先生たちがすぐ横にいたはずなのに、
自分たちよりも、ちいさなももさんが入ってきて、
先生たちもその人たちにかまっていることに、戸惑いを感じているようです。
もちろん、大きくなったんだ!という自信と自覚は持っているのですが、
だからこそ、体と心の間のすきまに風が吹きぬけているような感じなのでしょう。
そんな中、木曜日からお弁当が始まって、
先生たちと、ゆっくり午後まで遊べるようになったので、
大好きな戦いごっこやお家ごっこ、ブランコやどろだんご作りも
先生たちとたっぷり楽しんでいます。
連休明けにももさんのお弁当が始まるまでは、
さくら・ひまわりのペースで午後の生活を作っていきます。

ところで、ひまわりさんは、園全部をぼくたちのものにしよう、と、
テラスで、礼拝堂で、ホールでお弁当を食べたりして、活動範囲を広げています。
そして、木曜日には、園を飛び出して、等々力渓谷に冒険にでかけました。
道路は上手く歩けるのか、渓谷の狭くてどろどろの道をどんな風に歩くのか・・・・
やってみないとわからないのが正直な思いでした。
でも、わたしたちの予想を越えて、楽しく安全に渓谷に到着し、
たくましく、おもしろく渓谷を歩きました。
普通の歩道よりも、歩きにくそうな飛び石を選んで進みながら、
「こわい、こわい・・・」と、わたしの腕につかまったみいちゃん。
「こわいから楽しいんだよね。ドキドキするの楽しいよね。」
とか言いながら、わたしも一緒に歩きました。
するとそのうち、「もういっかいいこう!!」と、
何度も橋を渡って、飛び石を跳んで、と冒険していました。
「こんどは、おべんとうをもってきて、ずーっとここであそんでいたい!」
と、ちいちゃん。
わたしも調子に乗って、「ここにようちえんをもってきたいね。」
なんて言いながら、緑の渓谷を楽しみました。

ペコペコのお腹を抱えて園に戻ってお弁当をあっと言う間に食べてから、
いつものように庭に飛び出したひまわりさん。
いつもと違って、砂場ではなく、ひまわり組の前で『工事』を始めていました。
硬い地面をシャベルで掘っては水を流しているうち、聞こえてきたのは、
「とどろきけいこくだよ!」
狭くなったり、広くなったりしながら盛った土の間を水が流れている様は、
上から見る等々力渓谷でした。
「もう、すなばはももさんにゆずってあげる。あしたもとどろきけいこくつくろう。」
そう言って帰ったこどもたち。
確かに、渓谷は砂場には入りきれませんでした。
翌日も、すみちゃんとたつくんは、朝から渓谷づくり。
お帰りの時には、ひまわり組の前から、砂場まで続く等々力渓谷ができあがっていました。
実は、前日の冒険では、まず等々力駅の近くまで行き、
階段を下りて、渓谷の端から川に沿って歩いたのです。
だから、そんな渓谷を幼稚園に自分の手で作るのは、どんなに楽しかったでしょうか。

『こどものための・・・・』
だから、こどもが中心。
だから、ひとりひとりに合った遊びや活動内容があります。
だから、こどもの思いに寄り添い、成長する力を信じて共に歩む保育者がいます。
大切なお子さんを預かる場所は、本来、そんな場所であって欲しいですよね。
でも、それらは、簡単には創れないのです。
わたし自身、14年かかってようやくここまでです。
そして、親だって、時間をかけてこどもと共に、いや、こどもに育てられるのです。
だから、こどもをあずける場所を探すよりも、
こどもと一緒にいて、せっかくの成長するチャンスを自分のものにして欲しいな、と思います。



[ 2013/04/20 15:27 ] 保育 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。