スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お泊り旅行

4月から、みんなで楽しみにして、頭に描いてきたひまわりぐみ(年長)のお泊まり旅行。
いよいよ本番が近づくと、18人18様の反応でした。
当日朝も、「興奮して、あまり眠れていません。」と、少し不安そうなお母さん。
「昨日から、食欲もあまりなく、時々元気もありません。」「ゆうべから、泣いています。」
お母さんのもとから、初めて旅立つ心境は、親子ともどもその状況に立ってみないと予想出来なかったことだと思います。
でも、いざ「いってきます!」とバスに乗り込むと、本来のたくましさが戻ってきました。

夢にまで見た赤い屋根のロッジ。
それは、想像以上のすばらしさだったようで、お城か、秘密基地に入ったかのような喜びようでした。
あいにくの雨でも、まったく関係なく思い切り遊んでいました。
『研究』にはまっていた男の子たちでしたが、ロッジ中を舞台にごっこあそびに夢中でした。
女の子もそれぞれのペースで、工作を楽しんだり、ロフトとリビングを行ったりきたりしながら、
ごっこあそびも楽しんでいました。

オリエンテーリング、自由工作、すいかわり、キャンドルサービス、花火など、
先生たちが趣向を凝らして準備したプログラムすべてを 楽しみつくしました。
また、2日目はなんとかお天気が守られたので、
芝生広場で自由に走り回ったり、虫取りをすることもできました。
山道を探検しながら、珍しい草花やむしに出会うこともできました。

お泊りでは、自分のことは自分でする、ということも大切なテーマですが、
「できない」「やって」と言う場面が、1つもなかったことに驚いています。
おふろでは、自分で髪を洗い、脱いだものをきれいにたたんでいました。
食事もそれぞれ、よろこんでおいしそうに食べ、お布団も協力して敷きました。
帰りの荷作りも自分でがんばり、あたりまえのように自分自分で大きなカバンを抱えて部屋を出ました。

あの、出発直前の不安そうな様子がうそのようですが、
お母さんのもとから、勇気をだして一歩踏み出したからこそ発揮できた力だと思います。
また、ここまでの間に、自立できる力・協力する力・想像する力などが少しずつ少しずつ養われてきたことが
証明されたように思います。
それだけに、お母さんがたもわたしたちもとてもうれしくって、幼稚園に帰ってきた時は涙が溢れました。

それから、目の前を横切る山の霧や、森のにおい、ずるずるすべる山道やはらっぱをかけまわること。
五感で感じた自然は、体験しなければ味わうことができなかったでしょう。

去年も思いました。なんでこんなに時間とエネルギーを使い、しかも大切なお子さんをお預かりして、
いのちがけでお泊り旅行に出かけるのかと。
(行き先は御殿場のYMCA東山荘)
そして、無事連れ帰ってやっぱり確信するのです。
こどもたちのためなのだ、と。
そして、信頼関係の上に積み上げられ、本物に出会って欲しいと願う善隣らしい保育が繰り広げられるためなのだと。
信頼して委ねてくださっているお母さんがたに、心から感謝です!!!
スポンサーサイト
[ 2011/07/09 16:54 ] 保育 | TB(-) | CM(-)

夏の輝き

梅雨を飛び越えてしまったかのような猛暑です。
迷わず私服OKにしました。
プール遊びも解禁です。
水しぶきがはじけるように、こどもたちの笑い声がはじけています。

ももぐみ(年少)の初めてのプールの日は、何が起こるのか不安で、
朝から泣いている人もいました。
「初めてだから、びっくりするよね。」「うん。」
そこで、みんなより先にテラスに上がって、おしりあらいのベビーバスや、
3つのプール、おもちゃのカップやスポンジを一緒に見て回りました。
すると、いっきに笑顔になって、お部屋に戻ると大急ぎで水着に着替えていました。
そして、翌日のプールは、最初からやる気満々で、一層パワフルに遊べたそうです。

自由遊びでは、友達とふたりで、どろのケーキやさん、道路工事ごっこなど、
面白い遊びを見つけ出すのは、もうおてのものです。
ただし、ももぐみさんの特徴は、「友達とふたり」ということです。
機嫌よく遊んでいても、そこに3人目が入ってくると、調和するのは至難の業です。

階段の下で、ゆうかちゃんがりおんちゃんにワンピースを着せてあげていました。
この間まで、「きさせて。」と、保育者に背中のボタンをかけてもらっていたのに、
いつの間にか、お互いに着せあいこするようになっていました。
しかも、2着しかないお姫様のドレスをめぐって、しょっちゅう取り合っていたのに、
今では、りおんちゃんがゆうかちゃんのドレスのファスナーを上げてあげ、
その上に重ねるつもりなのか、エプロンを数枚階段に広げて、
ふたりはご機嫌でした。
少しづつ、けれども確実に、友達とコミュニケーションしながら遊ぶ楽しさを実感しているももさんです。


さくらぐみの男の子の関心は、だんごむしから、ゴーカイジャーごっこに移ってきました。
きっかけは、風の強い日のジャングルジム。
結びつけた青色のスズランテープが風になびき、まるで波のよう。
「かぜよふけーーー。」と叫ぶこうじくん。
ジャングルジムにまたがった男の子たちは、勇ましい海賊になっていました。
それから1週間。
「なおこせんせい、ひもちょうだい。」と、毎朝、海賊たちに囲まれています。

さくらさんは、5人でも、6人でも、すすすっと仲間が出たり入ったりしながら遊びがつづいているところが
特徴だと思います。
ひとりひとりの感じ方は異なっていて、イメージしていることも実は、同じではないのかもしれません。
だから、ゴーカイジャーごっこもスズランテープを結んで、結んで、船を作るところで、
いつも時間切れ(?)・・・つづきはまた明日となってしまうのかもしれません。
また、当然のことながら、思いの食い違いに気がついて、けんかが始まることだってあります。
それでも、また遊びます。あつい、あつい園庭で。仲間と一緒に。


ひまわりぐみの男の子たちは今、『けんきゅう』にはまっているそう。
箱積み木でコースを作り、最初はおままごとのミートボールやオレンジなど、丸いものを転がして、
いかによくころがせるか、という『けんきゅう』を始めました。
ところが、でこぼこのあるミートボールは、思うように転がらない、ということで、
えいこせんせいから、ビー玉を1つ貸してもらった男の子たち。
今度は、牛乳パックやおりがみを使って何種類かのコースを作ったりして、
ますます『けんきゅう』に励んでいます。

一方、女の子たちは、歌と踊りとピアノのパフォーマンスに日々、磨きをかけています。
『おしゃれしょうじょ』『おしゃれがーるず』『ひまわりがーるず』と、
名前を変更しながら、レパートリーを広げ、チケットを作り、けんかをしては仲直りをし、
仲間をふやしながら、演奏活動を続けています。

ひまわりさんには、自分たちの世界を生きることに一生懸命であることを感じさせられています。
だから、イメージを共有しようとして、たくさん会話をし、クリエイティブに物や遊びを創り出します。
そして、自分たちのすることにプライドをもっています。

いよいよ木曜日から、お泊り旅行にでかけます。
「だれにもじゃまされないんだよ!」と、目を輝かせて言ったはるくんの言葉が印象的でした。
自分たちが作る2日間は、最高の『けんきゅう』とパフォーマンスの時となるでしょう。


こどもたちの成長に目を見張りながら、夏はもうそこまで来ています。


[ 2011/07/03 23:22 ] 保育 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。