パパをひとりじめ!

恒例の『親子登園日』は、熱中症対策が必要な程の、
暑い日差しの下で行われました。
『木工コーナー』では、くぎ打ちやピンボールづくり、
『紙粘土コーナー』では、絵の具で色をつけたりしながら、
思い思いの作品づくり。
『廃材コーナー』でも、空き箱やトイレットペーパーの芯や牛乳パックを
好きなように使って、武器やいすや車など、
思いつくままに作っていました。

その姿は、いつもの幼稚園でも見られるあそびの姿でしたが、
この日は、その傍らに、『おとうさん・おかあさん』がおられました。
だから、こどもたちは一人ひとりが、いつもよりもゆっくりと構え、
自分がしたい、と思ったことをおとうさんたちに伝えながら、
一緒に、イメージを形にしていました。
おとうさんたちも、腰を下ろし、こどもの声に耳を傾けて、
一緒に、その時間を楽しんでおられるようでした。

しんちゃんは、普段から廃材工作が大好きで、
おもしろい物を作っているのですが、
この日は結局、1時間40分もの間、ずっと工作コーナーにいて、
パパと一緒に、とても大きな武器を作っていました。

パパをひとりじめして、好きな遊びに熱中できた時間。
それは、わたしたち大人が思う以上に、
こどもにとっては、大切なもののように思います。
それは、その時よりも、ずっと後になってから気づくのかもしれません。

スポンサーサイト
[ 2018/06/17 21:00 ] 保育 | TB(-) | CM(-)

ツリーハウスで広がるもの

去年の夏完成した、ツリーハウス。
「のぼってみたい!」
と思った時から、新しい世界が広がります。

「あゆちゃんものぼりたい。」
そう言って挑戦し始めたあゆむくん。
「がんばれ!がんばれ!」と、ツリーハウスの上から励まされながら、
何とか登り切りました。
そして、ツリーハウス『先輩』のしゅうちゃんを慕うようになりました。

そのしゅうちゃんは、
「のぼるときが、いちばんたのしいんだよね。」
といいいながら、下りる時の不安も克服しようとしているかのように、
何度も何度も登ったり下りたりを繰り返し、
今や、下りるのも平気になりました。

しばらく前に登れるようになったきのちゃん。
一歩一歩ゆっくりと真剣な表情で登った後は、
「イエ――――イ!!」と、大喜び!
「なおこせんせい、ここでおかあさんごっこしよう」
ということで、ツリーハウス専用のキッチンセットを作ることになりました。
目指すは牛乳パックに新聞紙を詰めた物を40個作ってガムテープでつなぎ合わせる上部な物。
その日から、ツリーハウスの中での工作が始まりました。
何してあそぼう・・・・と、あそびを探していたそうすけくんも、
黙々と牛乳パックに新聞紙を詰める作業に没頭したり、
形が出来上がってからは、
「ここは、おさらをおくところにしよう。」
などと、イメージを膨らませながら参加していました。

もちろん、ツリーハウスの中では、絵本を読んでいく人。
くまのぬいぐるみのクリーマーとたわむれる人。・・・・
いろいろです。
そして、このキッチンセットでのあそびかたもいろいろで、
カフェにして、のぼってきたお母さんにお茶を出してみたり、
カラオケやさんをしたり・・・・と、あそびが広がっていきます。

ツリーハウスは、登るとそこには別世界がある、
というところが特別なのかもしれません。
だからこどもたちは、最初、意を決して登り、
その世界を自分のものにすることによって、
ともだちを広げ、あそびを広げ、想像力を広げていきます。



[ 2018/06/03 18:29 ] 保育 | TB(-) | CM(-)

じ――っと、見つめていると・・・

今年度初めての園庭開放をしました。
0歳から5歳までの元気なこどもたちと、お母さん、お父さんを迎えました。
今日の日を待ってました!と、ばかりに、
満面の笑顔でわたしを見つめる男の子。
お昼寝の時間と重なって、ちょぴり不機嫌な女の子。
みんな、赤ちゃんの時とはちょっと違う好奇心を持って、
善隣幼稚園に来てくれました。

手遊びや一人ひとりとのごあいさつを楽しんだ後、
グループ毎にレジャーシートを囲み、
小麦粉粘土を作ってあそびました。
ボールの中のサラサラの小麦粉を見ると、
すぐに触ってみて、真っ白くなった手をおもしろがる人やママにしがみつく人。
お水やお塩や油を入れて、一緒にこねこねしながら、
手にべたついたり、ぽろっととれたりと、変化する感触を楽しみました。
そして、こどもによって違う反応に合わせて、
声をかけたり、おもしろそうに粘土に触ってみせるお母さんたち。
「自分の思い通りにいかないと、機嫌が悪いんです。」
と、困り顔で話されるその間も、しっかりと我が子を見つめておられました。

たしかに、赤ちゃんを過ぎるころから、
自立を目指す『欲求』が、日々、小さな体と心にこみ上げてきて、
その『欲求』からくる、『必然的な行動』は、大体、おとなを驚かせてしまうように思います。
例えば、せっかく小麦粉粘土づくりができるのに、
「いや!やらない!」と、言ってみたり、
今まで登ったこともない、太鼓橋にどんどん登ってみたり・・・・・

そんな時、「あーー・・・どうしてそうなの?」と、嘆いたり、
「危ない危ない。」と、慌てて手を出す前に、
我が子が、今、必然的に「やりたい!」と選んだ行動を
まずは、じ――っと、見つめてみてはどうでしょう。
すると、こどもは必ずその行動から何かを学ぶはずです。
そして、満足そうな表情を見せることでしょう。
だから、親としても心穏やかに我が子に寄り添えるように思います。

小麦粉粘土と、園庭での思い思いのあそびに出会ったこどもたち。
その姿を見つめるお母さんたちも
「今日も成長したい」、と願い、精一杯生きる我が子の姿に出会っていただけたことでしょう。

[ 2018/05/19 21:05 ] 保育 | TB(-) | CM(-)

新しい探検へ!

あこがれの年長さんになったひまわり組は、
早速、
「何がしたいの?」との担任の問いに、
「ジャングルたんけん のげこうえん たまがわ とどろきけいこく
はくぶつかん おとまりりょこう むしとり すべりだい ピクニック
たこあげ せんとうき どんぐりひろい ラジコン」
と、次々に答えたそうです。
その中でもすぐに行きたいのが『おとまりりょこう』だったようですが、
約2名の人が「それはぜったいにいや!」と、今は却下だったそうで、
さしあたって、ジャングルたんけんに行くことになりました。

それは、昨年のひまわりさんが発見した多摩川の秘密の場所。
正直、初めての年長組の遠足としては、無謀な距離だったので、
大丈夫かなあ・・・・と、思っていたところでした。
そんな時持ち上がったのが、
年中のなおりんが持ってきてくれたおたまじゃくしが、カエルになったので、
等々力渓谷にひまわり組が返してあげよう、というえいじくんの発案でした。
そこで、まずは渓谷目指して出発し、
川にカエルを返してあげてから、その辺で遊び、
それから、多摩川のジャングルを目指そう、ということになりました。

しかし、案の定、等々力渓谷の探検もなかなかのおもしろさ!
カエルくんとさよならした後は、かなりの傾斜の斜面を登っては降りの、冒険が始まりました。
無我夢中でてっぺんまで登ってはみたものの、
怖かったのか、もう二度と登らない!と、わたしにしがみついていたきのちゃんも、
しばらくすると、
「なおこせんせい、またのぼろう。」と、
それから、何度もともだちと登ってあそんでいました。

さわがにを何匹も見つけて、どれがオレのだ、いやオレのだ、と言い合いをしてみたり、
カタツムリを見つけたのはひまちゃんだけど、取ってあげたのはそうしろうくんだから、
これはどっちのものになるのか、とか、
真剣に言い合ったりしていましたが、
いつの間にか納得して、誰かさんの手作りむしかごの中に収まっていました。

この手作りむしかごは、牛乳パックを使った一人ひとりのオリジナルなのですが、
首からかけたむしかご(はなちゃんはたからばこ、と呼んでいるのですが)
の中に、それぞれの大切なものをしまって、お弁当を食べました。
時々、さわがにが脱走しては、誰の?!と、大騒ぎになりながら。

午後は、等々力渓谷をもっと探検して、地上(?)に戻り、
ごんぞうばし公園で走り回って、元気に帰ってきました。

こうして、2018最初の探検は、予想以上の迫力に満ちた展開となりました。
こどもたち一人ひとりが持っている力と、
ここまでに培われた人間関係が、
共に前に向かって行こう、とするエネルギーを生み出したように思います。

新しい探検に踏み出したこどもたちと共に、
わたしも、臆せずに新しい課題に取り組んでいきます。




[ 2018/04/28 17:55 ] 保育 | TB(-) | CM(-)

みどり色の風の中で

暖かな今年の春。
親子遠足の砧公園は、すっかりみどり色に覆われていました。
葉っぱのトンネルをくぐってみんなで広場に行き、
ダンスやゲーム、パラバルーンを楽しみました。
年長のひまわり組は、お母さん対こどもで『こおりおに』を本気でやっていました。
お母さんが必死になって追いかけるので、
こどもたちは、さくら組のあそび場を越え、もも組のあそび場も越えて逃げまくっていました!
みどり色の風を頬で切りながら、生きてる実感を一緒に味わいました。
[ 2018/04/21 21:46 ] 保育 | TB(-) | CM(-)