心配しないで、お母さん

今年も、来年度入園を考えておられる方々の見学が始まりました。
かわいいお客さんが、お母さんと一緒に訪れると、
こどもたちは興味津々。
「だれ?」と、しつこく迫ります。
「おなまえおしえて?でしょ?ようちえんにあそびにきてくれたんだよ。」
と、その度にわたしが言い直させるので、最近は、こどもたちも心得ていて、
「おなまえは?」と尋ねた後、
「わたしがあんないしてあげる。」とか言って、張り切っています。
一年前は、ママの陰に隠れるようにして幼稚園見学に来ていた人も、
すっかりベテランの顔をして、遊んであげたり、わたしの説明に相槌をうったり・・・・・

わたしはいつも思います。
このこどもたちが善隣の良さを伝えてくれるのだと。
それは、わたしにくっついていつもと変わらず自己主張する人も、
お客さんには目もくれず、好きな遊びに熱中している人も、
お客さんが気になってしかたがなくて、すぐ友達になってしまう人も、
みんな、『自分らしい』から。
善隣に一目置いて下さるかたは、このこどもたちの姿に何かを感じてくださるようです。

さて、先週、熱心に見学してくださった方々が、心配に思っておられることを
わたしに打ち明けてくださいました。
こどもの主体性を伸ばしたいが、しつけるべきこととの境目がわからない、とか、
感情を抑えることができない我が子に本当に困っている、とか、
早生まれなので、集団についていけるのか心配している、など・・・・・・・
いづれも、赤ちゃんから、幼児へと育っていく過程におとながぶつかる問題だと思いました。
我が子を心から愛し、大切に大切に育ててこられたお母さん方だからこその心配ごとだと思いました。
でも、大丈夫!!!
こどもは、すでに、ひとりの人間として、自立に向かって育とうとしているからです。
昨日までの、ママを頼るしかなかった赤ちゃんでもないし、
社会の一員であることを悟ったお兄さんお姉さんでもないのです。
おとながすべきは、今の我が子をちゃんと見て、受け止めることだと思います。
どうしてあげれば良いかの答えは、そこにあります。
その答えは、一人ひとり違いますから、氾濫する情報に振り回されないで、
我が子に与えられている力を信じて、ちゃんと見て、受け止める。
そうすれば、こどもの育とうとする力は邪魔されることなく、必ず伸びていきます。

心配しないで、お母さん。

スポンサーサイト
[ 2017/05/27 20:32 ] 保育 | TB(-) | CM(-)

ささやかな行動のなかに

園庭が静かだった連休の間に、
アリたちが活発に活動を始めました。
毎年のように、園舎のはしっこには、立派な巣が出来ているのですが、
朝の掃除の度に箒で、サッサとはいてしまっています。
それでもアリたちは、ため息もつかずにまた作り直しているのでしょう。
次の朝には、巣はもっと大きくなっています。

アリたちの営みが、わたしたちの園庭の片隅で、
絶え間なく繰り広げられているから、
こどもたちは、ある日、小さなアリに出会い、
その姿をじっと見つめたり、
追いかけまわしたり、捕まえて、得意げに自慢したり、育てたりします。

先日、絵の具できれいな色水を作って遊んでいたひまわりさん。
「なおこせんせい、こおらせて!」
「わかった。でも、その入れ物のままだと冷凍庫に入らないよ。」
と、答えたのですが、その後、どういう展開があったのか、
気が付いたら、毒のような怪しい色に変わっていて、
アリを捕まえてはその中に入れて遊んでいました。
・・・・・・・・

アリたちが、この園庭で必死に生き、絶え間なく成長を続けている横で、
こどもたち一人ひとりも必死に生き、絶え間なく成長を続けています。
そのありさまは、時に大胆で、
わたしたちおとなに成長の実感を与えてくれることもありますが、
ほとんどの場合、見落としてしまうくらい当たり前の、
ささやかな行動であったりします。
でも、そのささやかな行動のなかにこそ、
そのこどもの特徴や願いが表されていたりするのです。

こどもたちの目には、大きく映るアリのように、
わたしたちも、こどもたち一人ひとりのささやかな行動を
大きくこの眼に映していきたいと思います。





[ 2017/05/14 19:18 ] 保育 | TB(-) | CM(-)

2018年度園児募集に関する行事について

2017年度がスタートしました。
入園をご検討の皆さまのご来園をお待ちしています!!

善隣幼稚園では、我が園の方針や教育の在り方をよく知っていただいた上で、
お子さんと保護者の皆さまに、是非、善隣幼稚園を選んでいただきたい、と思い、
未就園児向けの行事や、普段の保育の見学と体験をお薦めしています。
どうぞ、お気軽にお電話ください。
行事や見学の予約のほか、幼稚園や育児に関する質問など、
何でもお答えしますよ!!

そしていよいよ、今週、17日水曜日に園庭開放を実施します!!!!
みんなで、小麦粉で粘土を作り、あそびましょう!
もちもちとした触感に癒されながら、安全な手作り『おもちゃ』でいろんなものを作ってみましょう。
その後は、園庭・園舎で自由にあそんでくださいね。
質問も何でもお受けします。
当日、飛び入りも大歓迎ですが、できればお電話での予約をお願いします。

園長 井上直子    3702-0117
  (保育に入っているので、15:00以降にお願いします)


*園庭開放            5月17日(水)  14:00~15:30
                  6月14日(水)  14:00~15:30
                  9月20日(水)  14:00~15:30
                 10月18日(水)  14:00~15:30

*未就園児クラス(たんぽぽ) 9月28日(水)  10:00~11:30 

*入園説明会          9月27日(水)  14:00~15:00
                10月25日(水)   14:00~15:00

*うたたねカフェ(おしゃべりとあそび)       
                 1月31日(水)   14:00~16:00
                 2月21日(水)   14:00~16:00

ご参加いただける行事
   *こどもまつり            9月22日(金)        
   *運動会(玉堤小学校にて)   10月7日(土)
[ 2017/04/15 17:42 ] 募集・体験 | TB(-) | CM(-)

そつえん

また、こどもたちを送り出さなければならない日を迎えました。
笑顔の中に、少し寂しさをにじませていたひまわりさん。
それは、だいすきな真乃先生と、いよいよお別れしなければならない、
ということが大きいようでした。
そして、好きなこと、楽しいことで詰まった善隣を離れがたい気持ちも、
よく伝わりました。

最後の一週間は、みんな気持ちの赴くまま、
日替わりのように、時を惜しむように遊んでいました。
あの『あな』はどうなったかというと、
なりくんが、突然、必死で再び掘り始めた日がありました。
泥棒が幼稚園に現れた時、わたしが危険を察知して、
この穴に飛び込み、地下トンネルを通って、
外まで逃げられるように、と、掘っていたそうです。
もう、卒園まで時間がない、と感じたのか、
ある日突然、必死で掘って・・・・
でも、翌日は、ともだちと砂場に山や川を作っては、
水を流しながら、必死で遊んでいました。
その翌日からは、ホールに箱積み木で家を作り、
ともだちとすみかのようにして遊び・・・・・


こどもには、思いつくままあそび、やすみ、
またあそべるような、自由な時間と場所が必要です。
昔よりもこどたちを囲む環境が、不自由になってきた現代だからこそ、
幼稚園はその時間と場所を保証する、貴重な所でなければなりません。
善隣のこどもたちも、お母さんがたも、
そのことをよくわかってくださっているからこそ、
ここを離れることを寂しく思って下さるのだと思います。


卒園を前にして、わたしはなりくんと交渉しました。
この『あな』を4月に入ってくる小さなももさんがケガをしないように、
埋めてもいいだろうか・・・ということでした。
「だめ!ぜったいだめ!ぼくのたのしいおもいでが、かなしいおもいでになる!」
なりくんは、ずっとわたしに訴え続けました。
園庭がもう少し広ければこのデコボコ、とってもいいんだけど、
3学期はいいんだけど、1学期はちょっと・・・・・
気の弱い園長の判断でした。
「なりくん、わたしにまかせてくれないかなあ・・・」
「いやだ。」
「このあなはなりくんのこころの中にずっと残るとおもうよ。」
「いやだ。」・・・・・

こんなやり取りを繰り返しながら迎えた卒園式の日でした。
園庭を去る最後のひとりになったなりくん。
笑顔で『あな』と一緒に写真を撮り、
「いいよ。」と言ってくれました。


4月の新スタートを迎えるまで2週間。
こどもたちの成長の足跡が刻まれた、
この園庭を眺めながら、こどもたちにとって、
何が一番大切なのか・・・・・・・・????
思い巡らそうと思います。
そして、卒園したこどもたちもまた、
自分の残した確かな足跡を土台にして、
今、したいことと、するべきことをちゃんと見分けながら、
一番大切なことを選び、
堂々と、前へと進んで欲しいと思います。

そつえん、おめでとう!!!!!



[ 2017/03/20 11:49 ] 保育 | TB(-) | CM(-)

最後の遠足

善隣では、毎月全園児で、遠足に出かけています。
等々力渓谷、野毛公園、多摩川の土手、畑・・・・・

いつも、年長さんが年少さんと手をつなぎ、優しくお世話をしてあげます。
自分が年少だったときに、優しくしてもらったように、
年長さんは、自信満々に年少さんをリードしてあげます。
そして、年中さんは年中どうしで手をつなぎます。

さて、こうして深い仲になった愛しい仲間との、
最後の遠足に、今日、行ってきました。
『おわかれ遠足』というネーミングは、あまりにもかなしい・・・・
ということで、『バス遠足』。
2台の路線バスで40分。
羽根木公園に行きました。
年長さんが、ここに行きたい、と決めたからです。
顔も体も砂まみれになりながら、遊びたいように思いっきり遊びました。

「あそんでおいで。はいどうぞ!」
と、こどもたちの判断力とあそぶ力を信じて開放してあげると、
こどもは、自分の『できること』と、『できるようになりたいこと』を瞬時にミックスして、
『やりたいこと』につなげていきます。
その様子は、見事に個性的で、楽しそう!
わたしも負けずに個性的にあそびました。
高い滑り台に駆け上ったり、木に登ったり・・・・
と、言ってももちろん、こどもたち全体の安全を見守りながらですよ。

「もうかえるのお?」
そんなちょっと不満げな面持ちで、
でも、体でいっぱい遊んだ心地よい疲れを感じながら、
元気に帰って来ました。

『最後の遠足で、自分のやりたい遊びが思いっきりできるようになっていること』
実は、善隣が成長の目標にしていることです。
今年もこどもたちは、成長の姿を見せてくれました。

さあ、卒園まで3週間。
「あそんでおいで。はいどうぞ!」
[ 2017/02/24 19:51 ] 保育 | TB(-) | CM(-)