かいじゅううんどうかい

雨雨雨・・・・・
天気予報では、金・土は雨!
と、ずっと言われていました。
それでも、あきらめてはいなかったのだけど・・・・
やっぱり・・・・

結局、体育館での運動会、となりました。
でも、こどもたちのパワーは変わりませんでした。
むしろ、快適な温度と、こじんまりとしたいつものサイズ感からか、
いつも通りの自然な様子が見て取れました。

そして、トラックを囲む、たくさんの家族の温かいまなざしの中、
わたしのかわいいかいじゅうたちは、おおあばれをしました。

善隣の理念では、こどもたちのため、と言いながら、
やらされている感のある運動会は、ありえない。
特に今年は、
『こどもたちの感性と興味とがんばりと発見が見える運動会にしよう!』
と、高い理想を掲げてスタートしました。
だから、先生たちは、毎日のこども一人ひとりの様子に、
今まで以上に目をこらし、
何をこどもたちは求めているのだろう、と考えながら準備をしました。
その過程で感じたのは、
こどもの興味の多様性やちょっとしたきっかけで成長する力、
そして、それらをこちらがしっかり受け止めようとすればするほど、
いろいろな保育の可能性を生み出すことができるのだ、
という実感です。

というわけで、ちょっと見ただけでは
例年と変わらない運動会だったかもしれませんが、
今年の運動会は、内容の一つ一つに深い意味が込められた
すばらしい運動会だった、と園長は先生たちを誇りに思っています。

「メリハリだよ。」
最近、年長の女の子が、クラスに呼びかけるようになった、
と担任から聞きました。
その言葉は、わたしが年長ひまわり組に諭した言葉です。
『かいじゅうたちのいるところ』の劇をするのに、
それぞれがあまりに勝手にしゃべり、ふざけていたので話したのですが、、
やる時は集中してやらないと、良さが伝わらない、ということを
運動会の取組を通して、学んでいったようです。
そして、運動会本番のメリハリは、すばらしいものでした。
劇はもちろんですが、組体操!
あのいつも底抜けに明るく、リラックスしきって緩んでいた表情は、
全神経を集中させて引き締まった表情に変わっていました。
そして、沈黙の中に互いを思い合う優しさが溢れた完璧な演技でした。

一方では、のびのびした善隣らしく、組体操やパラバルーンのような
練習を積まなければ完成しないものをやらせなくても・・・・
という考え方もあると思います。
その日一日、みんなで楽しくゲームを楽しむ、
という運動会もいいでしょう。
でも、多様性をもった人間が、毎日の生活を共にしながら、
一つの目標に向かうことで、
互いの多様性を認め合い、補い合い、時には自制する、という
大切な経験ができるような気がします。
だから、組体操やパラバルーンの取組を通して、
こどもたちは、かげがえのない経験を積むことができると思います。

こどもたちのもっている、
『かいじゅう』のような自由で豊かな感性。
それは、お互いの感性を認め合う、
ということがあってこそ、社会的にも自由になれます。

毎日、『かいじゅうたちのいるところ』で生活させてもらいながら、
わたしが学ばせてもらっているのは、そういうことのような気がします。



スポンサーサイト
[ 2017/10/10 10:32 ] 保育 | TB(-) | CM(-)

たんぽぽさんとの時間

9月20日の園庭開放
27日の入園説明会
28日の未就園児クラスたんぽぽが終了しました。

善隣を知っていただくためのこれらの企画。
正直、とてもエネルギーを使いました。
でも、小さなこどもたちやお母さん方との新しい出会いは、
わくわくして楽しかったです。

特に、今日のたんぽぽさんたちとの時間は格別でした。
朝、幼稚園の玄関に現れたこどもたちは、
園内のにぎやかさに圧倒されたように、
小さくなっていました。
ゆうべから続いた雨で、園庭は水たまりだらけということもあってか、
ほとんどの親子の方が、
ホールのあちこちに座って静かにあそんでおられました。
でも、もう少しでお片付け、という時になって、
「外でもあそべますよ。」
と、わたしがどろんこをしている園児たちの姿を紹介した途端に、
「いってきます!」と、園庭に飛び出して行かれました。
気付くと、水たまりの泥をはね上げながら元気に走り回っていました。
生まれて初めてのどろんこあそびになったそうです。


その後、クラスでにじみ絵あそびやハンカチあそびやダンスや絵本や・・・・・・
楽しい時間を一緒に過ごすうちに、
こどもたちの表情は、どんどん豊かになって、
からだもどんどん大きくなっていくように感じました。

一瞬一瞬が、成長する力に満ちているこどもたち!
一人ひとり違っていておもしろいこどもたち!
忘れたくない記憶をありがとう。

[ 2017/09/28 23:13 ] 募集・体験 | TB(-) | CM(-)

もうすぐ園庭開放!

9月20日(水) 14:00~15:30

2018年度園児募集に向けて、
3回目の園庭開放を持ちます。
今回も大好評の親子体操!
そして、おまけの新聞あそびも楽しみにしていてください。
その後、園庭でも園舎でも自由に遊んでくださいね。
子育てのこと、幼稚園のこと、なんでも相談に応じます。
当日、飛び入りも大歓迎です。

その後の予定ですが・・・・・・・

9月22日(木)  10:00~12:00  こどもまつり
在園児対象の行事ですが、未就園の親子もご招待します。
お気軽にあそびにいらしてください!!

9月27日(水)  14:00~15:00  入園説明会
こちらは、入園希望のお子さんはお預かりすることもできます。
当日、飛び入りも歓迎です。

9月28日(木)   未就園児クラスたんぽぽ
こちらは、定員に達しました。

10月7日(土)  9:00~12:00   運動会
玉堤小学校にて
未就園児向けの楽しい競技もありますので、
あそびにいらしてください。
雨天決行(荒天の場合は9日)
[ 2017/09/17 19:07 ] 募集・体験 | TB(-) | CM(-)

はがき

今年も敬老の日を前に、おじいちゃんおばあちゃんに葉書を書きました。
もも組は、いつものクレヨンで思いっきりお絵かき。
やっぱり葉書はこどもたちには小さすぎて、
表のあて名の上にもお絵かきした人もいました。
その特別な葉書は、
担任が丁寧に手紙を添えて、封筒に入れて投函しました。

さくら組は、クーピー(色鉛筆)をグループ毎に貸し合いながらお絵かき。
綺麗な洋服を着たおばあちゃんや
大好きな『はらぺこあおむし』の絵など、
顔を机にくっつけるようにして描いていました。

ひまわり組は、鉛筆で描いた絵や手紙に
色鉛筆で色を塗りました。
お泊り保育でもお母さんに葉書を書いたことを思い出しながら、
おばあちゃんおじいちゃんの顔を思い浮かべて書けたようです。


そして数日後、その葉書を持って、
尾山台商店街のポストまで、
みんなで投函にでかけました。
いつものように、ひまわり組はもも組の手を取って歩きました。
ポストの前では、まずひまわりさんが投函して見せ、
その後、ももさんが背伸びをして真似をしていました。
もしかしたら、生まれて初めて
自分で葉書をポストに落としたのかもしれません。
小さな両手を伸ばし、
ポストの口を左手で押さえてから
右手で葉書をいれる人もいました。

おとなも手紙を書くことが少なくなった昨今だからこそ、
こうして時間と手間をかけて便りを送ることを
こどもたちが経験できてよかったと思います。
とても暑い日でしたが、みんなこのお出かけを
とても楽しみ、満足していました。


[ 2017/09/17 18:51 ] 保育 | TB(-) | CM(-)

目と心とカメラで

今週、わたしはズボンの後ろポケットに、
ずっと前に買った小さなカメラを忍ばせています。
こどもたちの中であそびながら、
「ここ!」と思った瞬間をカメラに収めるようにしているのです。
ひとりのこどもが「おもしろい!」と感じて始めたあそびが、
どのように変化していき、何を発見し、成長していくのか・・・・
その「こどもの物語」をできるだけはっきりと心にとどめ、
わたしだけでなく、他の先生たち、お母さん、そして本人にも、
わかるような仕組みを探っています。

火曜日。
サルスベリのツルツルの幹に、
こうせいくんとそうたくんが、
バケツに汲んだ水をスコップですくってはかけてを繰り返していました。
おもしろかったので近づいてシャッターを切ると、
「みずのいろをつけてるの」
と言いながら、時々手で幹を撫でていました。
確かに、白っぽく乾いた幹は、
水をかけるとこげ茶色にひかります。
その変化をふたりは黙々と探究していたのでした。
ここからどうするんだろう・・・・・
と、わたしは興味津々でした。

そして、その日の午後。
「なおこせんせい、こおりおにしよう!」
と、誘ってきたさとちゃんの誘いに乗ったのは、
このふたりでした。
こおりおにに、ドンジャンケン、夏休みをはさんでの久しぶりのあそびにはしゃいでいました。
その間に、もちろんサルスベリの幹は乾ききって、
白くなっていましたが。

実は、今まではお部屋あそびが多かった彼ら。
その次の日からも、ドンジャンケンにドロケイ。
大繩とびにどろあそび、とエネルギーが外へとあふれ出ていました。

今後も、彼らをはじめ、一人ひとりのこどもの発見と探究を
わたしの目と心とカメラで追っていきたいと思います。
そして、その成長を見える化していきたいと思います。

[ 2017/09/09 11:41 ] 保育 | TB(-) | CM(-)